インフォネットがサイトアクセス分析ツール「MEGLASS finder」をバージョンアップ

ChatGPT連携によるAI分析機能でデータ分析を効率化、Webサイト改善策を自動アシスト

WebサイトとCMS(コンテンツ管理システム)サイト構築のインフォネットは、Googleのアクセス解析の新バージョン「Google Analytics 4(GA4)」と連携したWebサイトアクセス分析ツール「MEGLASS finder(メグラスファインダー)」の機能を充実したバージョンアップを6月20日に提供する、と6月7日に発表した。生成AI(人工知能)の「ChatGPT」と連携したAI分析機能を追加し、分析と改善実行のスピード感あるサイクルを支援する。

新機能「AI分析機能(β版)」では、ChatGPTと連携して設定ページの閲覧数や訪問数の傾向、ページの改善案や対策案を把握できる。「ページを分析したい」を選択すると過去月との比較分析サマリーが表示され、「ページを要約したい」で要約された結果を表示。「改善点を把握したい!」で表示された改善点をもとに、「専任アナリストに送信する!」を押下すると専門の分析アナリストに具体的な対策を相談できる。

Webサイトに流入してきたキーワードを分析できる新機能「流入キーワード分析機能」では、「Googleサーチコンソール」と連携して該当キーワードの表示回数やクリックされた数、クリック率、平均掲載順位を確認。SEO(検索エンジン最適化)に活用できる。「アクセスサマリーの自動出力対応」、Webサイト内の外部リンクとファイルリンクをクリックされた数を確認できる「クリックカウントの取得表示機能」も加えた。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]