アドビが生成AIを企業向けに提供する「Adobe Fireflyエンタープライズ版」発表

安全な商業利用が可能でコンテンツ制作を効率化、自社ブランド資産でトレーニングも

米国アドビは、ジェネレーティブ(生成)AI(人工知能)の「Adobe Firefly(ファイアフライ)」を企業向けに提供する「Adobe Fireflyエンタープライズ版」を6月8日(米国時間)に発表した。安全に商業利用できる生成AIで画像を作成・編集する機能を2023年下半期から提供する。強力な生成AIを搭載した新たなソリューションによって急増するデジタルコンテンツ需要に対応し、コンテンツ制作のコストを抑えて加速できる。

 

クリエイティブなスキルのレベルを問わず全従業員が商業的に利用可能なプロ品質のコンテンツを迅速に生成し、グラフィックデザインの「Adobe Express」や、定番ツール群の「Adobe Creative Cloud」で編集できる。Adobe Express経由で提供される高品質なテンプレート、フォント、ストック画像、動画、音楽などのコレクションからインスピレーションを得て、魅力的なコンテンツを作成できる。

自社が所有するブランド資産でカスタムトレーニングして、自社のエコシステムに組み込むことも可能。安全に商業利用できるように設計され、アドビから知的財産(IP)の補償を受けられるので、企業は安心して組織全体に導入できる。生成AIが使用されたことを示す「コンテンツクレデンシャルタグ」が自動的に付与されるので、Adobe Fireflyを使って作成された画像すべてに透明性が組み込まれる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]