アドビが次世代生成AI「Adobe Fireflyモデル」を発表、ベクター画像特化のAIモデルも

企業向け「Adobe GenStudio」で自社ブランドアセットを活用した生成、編成、配信が可能

米国アドビは、次世代の生成AI「Adobe Fireflyモデル」を活用した製品や機能を10月10日(現地時間)に開いたクリエイターの祭典「Adobe MAX 2023」で発表し、日本語訳を10月11日に公表した。新しい画像生成AIモデル「Adobe Firefly Image 2 Model」は、Fireflyのクリエイティブコントロールと画質を大幅に向上させ、引き続き商用利用にも安心なコンテンツ生成をするように設計されている。

新生成AIモデル「Adobe Firefly Image 2 Model」による生成画像

「Adobe Firefly Vector Model」は拡大や縮小、変形しても劣化しないベクター画像に特化した生成AIモデルで、デザインツール「Adobe Illustrator」の新機能「テキストからベクター生成」として統合した。シンプルなテキスト指示文でベクター画像を生成する。「Adobe Firefly Design Model」はデザインアプリ「Adobe Express」の新機能「テキストからテンプレート生成」に実装。高品質なテンプレートデザインを瞬時に生成する。

新しい企業向けソリューション「Adobe GenStudio」も公開した。生成AIのFireflyを中核に「Adobe Creative Cloud」、「Adobe Express」、「Adobe Experience Cloud」を統合して、急増するコンテンツ需要への対応を支援する。新たなカスタマイズ機能と外部連携機能のAPIによって、自社ブランドアセットを活用したデジタルコンテンツを即座に生成して編集でき、コンテンツの企画・制作から配信まで包括的にカバーする。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]