テレワーク終了、「出社の意義を感じる」人よりも「ストレス増加」という人が上回る【oVice調べ】

「通勤時間の増加」「ランチ代・交通費などの増加」「プライベートの時間減少」が不満点。

oVice(オヴィス)は、「大企業社員の勤務形態」に関する調査結果を発表した。新型コロナウイルスの5類移行後に出社の割合が増えた大企業(従業員数1,000人以上)のハイブリッドワーカー109人が回答している。

出社とリモートワークが混在すると「連携が必要な社員と出社のタイミングが合わない」

まず出社する行為に意義を感じているかを聞くと、「とても感じている」29.4%、「やや感じている」45.9%で7割以上が肯定的だった。

一方で出社が増えたことで、仕事へのストレスは増えたか聞くと、「非常にそう思う」32.1%、「ややそう思う」45.9%と、7割近くがストレスを増加させている。業務の生産性についても、「やや下がった」20.2%、「とても下がった」5.5%と、一定数むしろ低下した人たちが存在する。

出社によるストレスが増加したという85人に理由を聞くと、「通勤時間が増加したため」75.3%、「ランチ代や交通費など支出の増加したため」56.5%、「プライベートの時間が減少したため」51.8%といった回答が多い。

また「出社とリモートワークが混在する環境において生じている問題」を全体に聞くと、「連携が必要な社員と出社のタイミングが合わない」45.9%、「オンライン会議を行うための、個別に隔離されたスペースがない(足りない)」37.6%、「フリーアドレスなどの導入で誰がどこにいるかわからない」36.7%といった不満があがった。

こうしたことから理想の出社頻度については、「フルリモートワーク」6.4%、「月1~2回出社」11.9%、「週1日出社」27.5%、「週2日出社」22.9%など、理想の出社頻度は「週の半分未満」となる人たちが7割近かった。

調査概要

  • 【調査対象】5月8日の新型コロナウイルスの5類移行後に出社が増えた大企業(従業員数1,000名以上)に所属するハイブリッドワーカー
  • 【調査方法】インターネット調査(調査機関:IDEATECH)
  • 【調査時期】2023年6月12日~13日
  • 【有効回答数】109人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]