バーチャル空間「oVice」が「Microsoft Teams」ステータスと連携、声かけしやすく

oViceのアバター上に表示される絵文字も連動して変更、ユーザー状態の可視化が可能に

バーチャル(仮想)空間「oVice(オヴィス)」開発・提供のoVice(石川県七尾市)は、アバター(自分の分身)で交流する2次元バーチャル空間のoViceと、マイクロソフトのコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」のステータス連携を7月11日から始めた、と同日発表した。Teamsのステータス(プレゼンス)が変更されるとoViceのアバター上に表示される絵文字も連動して変更され、各ユーザーの状態の可視化が可能になった。

Teamsのステータス(プレゼンス)情報をoViceのアバター上に絵文字で表示させることができるため、バーチャルオフィス内にいる相手の状況がよりわかりやすくなる。表示される絵文字は4種類で、いずれも会話ができない状態を表す。Teams上でユーザーが変更可能な各ステータス(取り込み中/応答不可/退席中/一次退席中)の場合は、Teams同様のアイコンがoVice上のアバターの絵文字でも表示される。

oViceは、2020年8月にサービス開始。現在までに2000社以上が利用する。バーチャルオフィスとして活用する企業から「カレンダーツールと連携して社員の状態を可視化し、より声かけをしやすい環境を作りたい」という意見が多数あり、連携機能を開発した。Teamsのカレンダー機能や通話機能から「会議中」「通話中」と表示される状態の場合、oVice上のアバターには赤丸内にカレンダーが描かれた絵文字が表示される。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]