国内のスマホ出荷台数、2022年第1四半期は995万台で増加傾向【IDC調べ】

半導体不足やロシア・ウクライナ戦争の影響は軽微。

IDCは、2022年第1四半期(1~3月)における携帯電話/スマートフォン国内市場の出荷台数(実績値)を発表した。

2022年1QもiPhoneが5割近いシェア

それによると、2022年1Qにおける携帯電話/スマホの国内出荷台数は、合計1,015万台(前年同期比4.0%増)だった。2024年の3Gサービス終了を踏まえ、キャリアが乗り換え用に低価格モデルを増やしたことで、前年より出荷が増えたと推察されている。半導体不足やロシア・ウクライナ戦争の影響は軽微にとどまった。

1,015万台の内訳は、スマートフォンが995万台、その他フィーチャーフォンなどが20万台。ベンダー別で見ると、アップルが47.3%(前年同期比1.0%増)で引き続きトップシェアだった。以下、サムスン、シャープ、FCNT(旧富士通コネクテッドテクノロジーズ)などが10%台で並ぶ。スマホに限定すると、FCNTが4位から3位に浮上しシャープと入れ替わった。

2022年第1四半期 国内携帯電話市場 出荷台数 ベンダー別 シェア
2022年第1四半期 国内スマートフォン市場 出荷台数 ベンダー別 シェア

調査概要

  • 【調査対象】携帯電話/スマートフォン(OSにAndroid系を採用している従来型携帯電話もスマートフォンに含む)
  • 【調査時期】2022年第1四半期(1~3月)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティテスト
ユーザビリティテストとは、Webサイトやアプリなどのユーザビリティ上の問題点を見 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]