高校生のなりたい職業・最新トップは男女とも「公務員」、取りたい資格とはズレ?【LINEリサーチ調べ】

公務員になりたい理由「家族の影響」「日本を動かしたい」「人の役に立ちたい」などさまざま。

LINEの調査サービス「LINEリサーチ」は、「高校生がなりたい職業」に関する調査結果を発表した。日本全国の高校1年生~3年生の男女1,024人が回答している。

なりたい職業TOP3は「公務員」「教師」「SE・プログラマー」

まず「なりたい職業」を聞くと、「国家公務員・地方公務員」「教師・教員・大学教授」「システムエンジニア・プログラマー」がトップ3。男女別では、女子(JK)は「国家公務員・地方公務員」「看護師」「教師・教員・大学教授」、男子(DK)は「国家公務員・地方公務員」「システムエンジニア・プログラマー」「機械エンジニア・整備士」だった。

前年と比べると、女子で「看護師」が1位から2位に、男子で「教師・教員・大学教授」が1位から4位になるなど、多少の変動が見られ、公務員人気が上がっている。公務員になりたい理由としては、「家族の影響」「日本を動かしたい」「人の役に立ちたい」などさまざまだが、コロナ禍で接する機会がこれまでより増えたことなどが考えられる。

一方で、「現在持っている資格」「将来取りたい資格」を聞くと、まず資格を持っている高校生は6割超。持っている資格の最多は「実用英語技能検定(英検)」が女子50.4%、男子42.8%だった。「日本漢字能力検定(漢検)」「実用数学技能検定(数検)」がそれに続く。

資格の取りやすさという要因もあるが、「公務員」や「SE・プログラマー」といった希望職業とはギャップがあるように思える。また「近いうちに取りたいと思う資格」でも「実用英語技能検定(英検)」「TOEIC・TOEFL」が人気だった。

調査概要

  • 【調査対象】日本全国の高校1年生~3年生の男女(LINEユーザー)
  • 【調査方法】スマートフォンWeb調査
  • 【調査時期】2022年11月14日~15日
  • 【有効回収数】1,024サンプル
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]