クラウドファンディング「Makuake」に掲載するプロジェクトの基準となる基本方針公開

マクアケ、発生し得るリスクの記載や商品が輸入代理・海外OEMの場合の明記なども要望

クラウドファンディングサービス事業のマクアケは、同社のサービスプラットフォーム「Makuake」上に掲載するプロジェクトの考え方と基準「Makuake基本方針」を3月1日に公開した、と同日発表した。①プロジェクトの要素に「アタラシイ」があること②実行者にとって「挑戦」や「ストーリー」があること③基本条件をクリアしていること--を掲げた。

マクアケがMakuakeについて定義する「アタラシイものや体験の応援購入サービス」への理解浸透に課題があると判断し、同社の考える「アタラシイ」や「応援購入」について明らかにした。③の基本条件は、(1)法令順守(2)社会通念に照らして不適切なプロジェクトに該当しないこと(3)他社製造製品において不適切な流通に該当しないこと--としている。

プロジェクト実行者には、実行者情報の開示とプロジェクトページへの記載▽プロジェクトで発生し得るリスク項目のプロジェクトページへの記載を促している。正規輸入代理店による商品と海外メーカーへの製造委託商品については特に意見が多いことから、商品が輸入代理品や海外OEM(相手先ブランドによる生産)の場合は、それを明記するように求めた。

「Makuake基本方針」を踏まえた対応
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]