コロナで変わった生活スタイル、「今後も維持したい」のは若年層 or 老年層?【ビデオリサーチ調べ】

リアル空間とオンラインとのどちらがよいか? 仕事・勉強はオンライン志向だが娯楽はリアル志向

ビデオリサーチは、「withコロナ時代の生活者の状況」に関する調査結果を発表した。同社では、生活者の属性や商品関与、メディア接触などを網羅的に調査する「ACR/ex調査」を実施しており、その内容を取りまとめたものとなっている。今回は東京50km圏に在住の男女12~69才5,449人が回答している。

関連記事

「今の生活スタイルを維持したい」気持ちは、ライフステージが上がるほど増加

コロナ禍では、マスク着用や手洗いの習慣、大声での会話の回避、テレワークや自転車通勤、飲食店より自宅での食事、ECでの物品大量購入、オンラインでのイベント参加……といった、新たな生活スタイルが広まった。そこで「感染リスク緩和後も、今の生活スタイルを維持したいか」を聞くと、全体では69%が「維持したい」と回答した。

これを年齢層で見ると、「10代」57%、「20代」64%、「30代」68%、「40代」69%、「50代」75%、「60代」76%と、年齢が上がるほど数値が高く、老年層ほど今の生活スタイルを維持したいという意向が強かった。

具体的に「新型コロナウイルス感染への懸念がなくなった後に行いたい行動」について、リアル空間とオンラインとのどちらがよいかを聞くと、日常生活の「役所での申請や手続き」はリアル10%・オンライン46%で、リアル派が最も少なかった。逆に「病院の診察」はリアル56%・オンライン7%で、まだまだオンライン診療は普及していない。

仕事・勉強においては、リアル開催への希望が最も低いのは「会議・打ち合わせ」12%、逆に最も高いのは「学校の勉強」40%だった。

娯楽・レジャーにおいては、やはりリアル需要が高く、「観光」は86%にまで達している。最も低い「スポーツ観戦」でも51%に達していた。

調査概要

  • 【調査対象】東京50km圏(調査対象者の無作為抽出、インターネット非利用者も含む市場全体を母集団とする設計)に在住の男女12~69才(12才は中学生以上)。
  • 【調査方法】回答専用タブレットを用いたインターネット調査(ACR/ex調査)
  • 【調査時期】2021年10月1日~17日
  • 【有効回答数】5,449人
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]