IPA、「情報セキュリティ白書2014」発行、2013年度の被害を基に新たなトピックを掲載

事例と攻撃の手口、ぜい弱性の動向や企業・政府の対策状況など紹介、電子書籍版も制作
よろしければこちらもご覧ください

独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)は、「情報セキュリティ白書2014」を7月15日に発行した、と同日発表した。情報セキュリティに関連する具体的な事例や攻撃の手口、対策、国内外で進められる政策・法整備状況など、情報セキュリティについて幅広いテーマを取り上げた。2013年度に確認された被害を基に、新たなトピックとしてオンライン本人認証の動向、医療機器の情報セキュリティ、政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準群の改定を加えた。

2013年度は、ウイルスに感染したパソコンからの情報流出、インターネットバンキングでの不正送金被害の拡大があったほか、パスワードリスト攻撃による不正アクセスが多発した。白書では、2013年度の注目する10項目の出来事を概説した後、国内外の事例と攻撃の手口、ぜい弱性の動向や企業・政府の情報セキュリティ対策の状況を紹介。スマートデバイスや制御システム、自動車、医療機器の情報セキュリティ動向や、オンライン本人認証の動向などを解説した。

白書はA4判、228ページで2000円(税別)。IPA、全国官報販売協同組合、「アマゾン」で購入できる。IPAは、今回初めて電子書籍版を制作した。電子書籍版は8月中旬の発行を予定する。EPUB型式で1600円(同)となり、アマゾンで販売する。白書は、企業のシステム開発者・運用者に情報セキュリティの現状や対策のための情報を提供すると同時に、パソコンやスマートフォンなど情報機器のユーザーに情報セキュリティの話題を紹介することと狙いに毎年発行している。

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

情報セキュリティ白書2014サンプル
http://www.ipa.go.jp/files/000040350.pdf

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]