電通、「ジャパンブランド調査2014」で興味・関心があるのは日本食、旅行、ファッション

アジア、欧米などの18カ国・地域対象、優れているのはAV家電、アニメ・漫画、ロボット工学

電通は、企業のマーケティング活動支援を目的に、アジア、欧米など18カ国・地域で「ジャパンブランド調査2014」を実施した。興味・関心のある日本の物事で多かったのは「日本食」「日本への旅行」「日本のファッション」で、「日本のファッション」や「日本のデザイン」は特に東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国で高かった。「優れている」と思う日本の物事トップ3は、「AV家電」「アニメ・漫画」「ロボット工学」だった。

調査は4月4~14日に中間所得層以上の20~59歳を対象にインターネットで実施した。サンプル数は3600。中国(北京、上海)、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、米国、ブラジル、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシアを対象にした。海外展開する際に日本や日本産品への興味・関心、イメージが把握できるほか、国内での外国人対応を進める企業も活用できる。

興味・関心のある日本の物事で伸びたのは「日本のコスプレ」「日本のファッション」「日本の音楽」「日本の映画」「日本の伝統芸能」「日本の伝統工芸品」など。現代文化と伝統文化の両面で高まっていた。優れているとする物事は地域で異なり、日本文化が浸透しているシンガポール、タイを除く東南アジア諸国は技術、両国を含む東アジアは食、アニメ・漫画、温泉旅行などが高かった。欧米各国は「日本庭園」が上位に入った。

 日本食については認知、経験、意向ともトップは「寿司」で、認知は8割以上、実際に食べた層も7割以上あり、台湾は約9割にのぼる。日本が好きな国・地域のベスト3は、ベトナム、マレーシア、タイとなり、日本への好意度が高いと、現代のサブカルチャーやファッション、キャラクター、映画などへの興味・関心が高い傾向にあった。訪日経験では、香港、韓国、台湾、中国が上位を占めるが、訪日の意向はASEANが上位となった。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]