野村総研、「広告は何を持って“有効”と捉えるか」をテーマに「マーケティング分析コンテスト2014」を開催

消費税引き上げや企業による賃上げによる生活者の変化を背景に広告の役割を研究

野村総合研究所(NRI)は「広告は何を持って“有効”と捉えるか」をテーマに「マーケティング分析コンテスト2014」を開催する、と4月10日発表した。コンテストは、NRIが3000人の生活者から収集したデータを、学術研究やマーケティングに活用することを目的に、2007年から開催。今回は消費税の引き上げによる生活者の消費行動の変化、さまざまな企業が実施する賃金の引き上げなどを背景に、広告はどのような役割を果たしているのか、何をもって“有効”と捉えるのかをテーマに研究成果を募集することになった。

コンテストへの参加は年齢、国籍、職業不問。グループでの応募も可能。エントリーは専用サイトで受け付ける。参加者には、同一人物のメディアへの接触状況と消費行動を、2ヵ月にわたって収集したデータを提供する。コンテストの応募期間は、4月10日から10月31日まで。研究成果の提出締め切りは11月14日を予定している。

野村総合研究所
http://www.nri.com/jp/

Insight Signal マーケティング分析コンテスト2014
http://www.is.nri.co.jp/contest/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

行動ターゲティング
ネット広告の種類の1つ。 ユーザーごとに、そのユーザーがネット上でどんなサ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]