UXデザインはじめの一歩 ーインタビュー技術を磨こう!

顧客ニーズの調査方法は? ユーザーの意見より「行動」に注目すべき理由

エンドユーザーからのニーズが開発者までたどりつくまでに「3つの壁」がある、という話しをしました。今回は、その壁を越えるために、どうすれば良いのかを考えていきます。
この記事は、Think ITで公開された記事をWeb担当者Forumに転載したものです。

はじめに

前回は、エンドユーザーからのニーズが開発者までたどりつくまでに「3つの壁」がある、という話しをしました。今回は、その壁を越えるために、どうすれば良いのかを考えていきます。

ブレーンストーミングしてみる?

「どんな⼈がユーザーだと思う?」とプロジェクトメンバーでブレーンストーミングしてみる、という方法があります。しかし、この方法はうまいファシリテーションがないと、思わぬ方向に転ぶことがあります。

たとえば、ある会社の業務システムを改善するために、関係者で集まってブレーンストーミングをしたとしましょう。メンバーからは、こんな意見が出ました。

  • 「ユーザーは、たぶん30代と40代の男性だ」
  • 「だったら、ユーザーは、きっとこの業務のベテランだよ」
  • 「だったら、ユーザーのITリテラシーは、きっと⾼い。少し難しくても使ってくれる」

そのとき、ブレーンストーミングに参加していた、いちばん偉い人が、口をひらきました。

「きっと、スマホでこの業務をしたがっている」

場は一瞬の沈黙のあと、

  • 「そうですね」
  • 「そうですね」
  • 「そうですね」

と、偉い人への同調ムードになりました。

「きっと」や「たぶん」で展開してしまうディスカッション

最後の、偉い人の言葉に全員がなびいたのは極端ですが、その前のディスカッションでも「きっと」「たぶん」と推測のうえに推測を重ねていたことにお気づきでしょうか。

はたして、「ユーザーのITリテラシーは、きっと⾼い」。この意見は本当でしょうか? 「少し難しくても使ってくれる」は? これらは調査に基づいた客観的な根拠ではありません。開発者の希望的な想像でありはしないでしょうか。

このように、想像でユーザー像を決めると、無意識のうちにステークホルダーに都合の良いユーザー像に寄ってしまいます。これをUXデザインでは「ゴムのユーザー」と呼びます。つくり手の都合で本当のユーザーを超えて、伸び縮みするからです。

都合よく伸び縮みするゴムのユーザー

「ゴムのユーザー」に向けてものをづくりをすると、「つくったけれど、使われなかった…」ということになってしまいます。

それでは、どうすればエンドユーザーの本当のニーズにたどりつけるのでしょうか。

ユーザーの「意⾒」ではなく「⾏動」に注⽬する

エンドユーザーの本当のニーズを知るには、ユーザーの「意⾒」ではなく「⾏動」に注⽬することです。

前回の解説を思い出してください。エンドユーザーに「どんな新商品の食器が欲しいですか?」と訊いたところ、ユーザーの回答は「黒くて四⾓いお⽫がスタイリッシュで、欲しい」でしたね。ところが「今日のお礼に、好きなお⽫をお持ち帰りください」と言うと、全員が「⽩くて丸いお⽫」を取りました。

このとき、注目するべきは「ユーザーが何を欲しいと言ったか」ではなく、「実際にどんな行動をしたか」です。「意見」は、エンドユーザーの主観や、さまざまな思い込みにより、その場その場で、大きく歪みます。

それに対して「行動」は比較的、正直です。特に、実際にそのように行動した、ということは、客観的に観察できる「事実」として扱うことができます。

お皿の例で見てみましょう。ユーザーは「⽩くて丸いお⽫を取る」という行動をしました。これは、ユーザーの本当のニーズが「家にあるほかの食器にあうものがいい」「収納しやすいものがいい」といったところにあったことを示しています。

このように、エンドユーザーの「行動」を拾いあげていくことで、ユーザーの本当のニーズに近づくことができます。ユーザーの発言で「…をしたい」「…が欲しい」といった言葉には要注意です。これらはユーザーの「意見」をあらわしていることが多々あり、実際にその状況におかれたとき、その「行動」をするとは限らないからです。

ユーザーの「意見」ではなく「行動」に注目する

「実際にしたこと」は確かな根拠になる

もう少し、具体的に体験してみましょう。

教材として、「資格を取ろう」と考えているユーザーの心理を考えてみます。たとえば、TOEICや情報処理技術者試験などを思い浮かべてください。質問をします。

【質問】
「資格を取ろう」と思う⼈の⼼理には、どういうものがあるでしょうか。1分くらいで、思いつくままに書き出してみてください。

どうでしょうか。色々な案が出たと思います。それでは、ここで少し角度を変えて、もう一度、質問をします。

【質問】
あなた自身は、これまで資格試験(TOEIC、情報処理技術者など)を受けたことがありますか? そのきっかけは何でしたか。気にしたことは何でしたか。「事実」を書き出してみてください。

1問⽬と2問⽬で、感触が少し異なったのに、気がついたでしょうか。おそらく、あなたの中で、次のような感触のちがいがあったはずです。

・1問⽬
「きっと…だろう」というイメージ。たとえば「きっと会社で勧められたんだろう」「きっと転職のためだろう」など

・2問⽬
あなたが「実際にした」こと。たとえば「会社の昇格条件になっていて、受けるしかなかった」「試験で休日がつぶれて嫌だった」など

2問⽬のほうが、リアルな回答になったのではないかと思います。実は1問目は「どういうものがあると思うか」という「意見」を出す質問でした。それに対して、2問目は「実際にどうしたか」という「行動」を問うていたのです。

意見を出す質問でなく、行動を問う質問をする

また、2問目は、想像ではなく、あなたの身におきた「事実」なので、強力な論拠になります。たとえば、1問目と2問目でそれぞれ、あなたの上司に「それは確実なの?」と言われたとしましょう。1問目は想像ですから、どこかグラつくところがあります。でも2問目は「事実」ですから、そこにあることは確かです。

ユーザーの「意見」ではなく「行動」に注目する、というのは、この確度のちがいです。「したい」ことをヒアリングすると、ユーザーは無意識のうちに想像に寄った回答をしてしまいます。それに対して「実際にしたこと」は事実なので、確かな根拠になるのです。

UXデザインの手法で、「ペルソナ」や「ジャーニーマップ」「ストーリーマッピング」など、ユーザーの状態をあらわすものはいろいろありますが、どれを使うにせよ、その根拠が「想像」か「事実」かで、しなやかさは大きく異なってきます。

ユーザーの「行動」を実地で見る

ユーザーの「行動」を実地で確認するために、ユーザーが作業をしている現場まで訪問することもあります。

たとえば業務システムであれば、ユーザーのオフィスの自席まで行って、実際にそのシステムを操作してもらい、業務の流れのなかで「机の上には何がおかれるか」「誰と話すか」まで記録します。

たとえば、ある業務システムを調査したとき、自席まで行って、ユーザーがシステムを使っているところを見せてもらいました。ユーザーの机のうえには、ふせんがたくさん貼られた製品カタログがあり、業務システムを使いながらカタログを頻繁に確認していました。そこで、この業務システムでは、カタログまでを視野に入れた改善をすることにしました。

実は、事前の打ち合わせでは、ユーザーはカタログについてひと言もふれていませんでした。

ユーザーが嘘をついていたわけではありません。「業務システムのミーティングだ」と思っていたので「カタログは関係ない」と無意識のうちに思考から除いていたのです。しかし、ユーザーの行動を見てみると、現実のユーザーの世界はもっと広がっていたのです。

ユーザーは製品カタログの存在を無意識に思考から除いていた

エンドユーザーと、いま話をしている相手は
イコールではないかもしれない

「エンドユーザーと、いま話をしている相手は、イコールではないかもしれない」という点も意識しておきましょう。

特にBtoBのシステム受託開発では「ユーザー」という言葉が「発注者」を指していることがあります。そして「発注者」は顧客企業の「情報システム室の担当者」であり、現場の実際のエンドユーザーではないことがあります。

「ユーザー」だと思って「発注者」に話を聞いた内容は「発注者」の意見であり、「エンドユーザー」の本当の行動と離れていることがあります。このあたりは、前回で解説した「3つの壁」でもふれています。

できるかぎり、「エンドユーザー」の行動を調べるようにしましょう。

エンドユーザーの「⾏動」を調べるには

今回は、エンドユーザーの「⾏動」、すなわち「実際にしたこと」を調べることの大切さを解説しました。それでは、ユーザーの「⾏動」を知るためには、どうすればよいでしょうか。次回は、具体的にユーザーインタビューに向けた取り組み方を紹介します。

 

オリジナル記事はこちら:ユーザーの「意見」ではなく「行動」に注目する(2020/04/07)

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]