『Amazon広告“打ち手”大全 最強の戦略77』(全10回)

ユーザーに最適化したダイナミック広告を活用する

4つの広告フォーマットを自動生成し、最適化してユーザーに配信する「ダイナミックeコマース広告」を活用しよう。(第10回)

2019年4月19日発売の書籍『Amazon広告“打ち手”大全 最強の戦略77』の一部をWeb担で特別公開。

55
ダイナミック広告は
斬新かつ合理的

Amazonならではの「ダイナミックeコマース広告」を活用する

ダイナミック=「動的な」広告は進化が著しい分野ですが、それはAmazonにおいても同様です。Amazon DSPには、4つの広告フォーマットを自動生成かつ最適化しながら配信する機能があります。

クリエイティブを自動生成しつつ配信を最適化

Amazon DSPには「ダイナミックeコマース広告」という独自の機能があります。これはAmazonで販売している商品に関するデータから、広告のクリエイティブを自動生成できる機能なのですが、手間が少なく始めやすいうえ、成果の面でも数多くのメリットが存在します。ぜひ積極的に使ってみることをおすすめします。

ダイナミックeコマース広告を作成・運用する流れを簡単に説明すると、以下のようになります。

  1. 宣伝する商品を選択する
  2. さまざまな広告フォーマットが自動生成され、配信される
  3. 配信中に機械学習が効果の高い広告を分析する
  4. 適切なユーザーに広告が表示されるよう、最適化される

つまり、クリエイティブを自動生成するだけでなく、機械学習による配信の最適化までを内包した機能であり、非常に斬新です。

ユーザーに応じて効果の高い広告フォーマットを表示

本書執筆時点では、ダイナミックeコマース広告で利用できる広告フォーマットには以下の4種類があります。

  • カート広告
  • クーポン広告
  • レビュー広告
  • 今すぐチェック広告

名前からも想像がつきますが、それぞれの広告の特徴を下図に示します〔図表55-1〕。これらがターゲットに配信された結果、ユーザーごとにもっとも効果が高いクリエイティブが表示されるように最適化されていく仕組みです。

商品は1つのクリエイティブにつき5つまで登録できます。ただし、ユーザーごとに商品まで最適化されるわけではなく、あくまで最適化の対象は広告フォーマットのみとなります。

ダイナミックeコマース広告の広告フォーマット 〔図表55-1〕

カートに追加した状態でAmazon内のページに遷移

特に優れた点として強調したいのが、カート広告に表示される[カートに入れる]ボタンです。このボタンをクリックすると、その商品がカートに追加された状態でAmazon内にランディングします。購買行動までがスムーズで、極めて合理的な広告体験を提供できるクリエイティブだといえるでしょう。

しかも、発売前の商品ではボタンの文言が[予約注文する]になり、クリックすると[カートに入れる]と同様に、予約注文がすぐに行える状態でAmazon内に遷移します〔図表55-2〕。

レビュー広告は次節でも解説しますが、レビュー部分をクリックした場合はレビュー一覧、商品画像をクリックした場合は商品詳細ページに遷移します。クーポン広告と今すぐチェック広告は、いずれも商品詳細ページに遷移しますが、クーポン広告では購入手続きに進んだときにクーポンが適用されます。

カート広告でのページ遷移の例 〔図表55-2〕

広告フォーマットの条件を満たすよう注意する

ダイナミックeコマース広告を最適化していく基準となる指標は、クリック率、購入率、DPV率の3つから選べます。購入率かDPV率の場合が多いと思いますが、目的に応じて設定してください。

また、ダイナミックeコマース広告を利用するには以下のような条件があり、それが満たされない場合は配信されません。今後は広告フォーマットが追加される可能性もあるため、最新情報を代理店に確認したうえで実施してください。(寳)

  • 対象商品がAmazonで販売されていること
  • ランディングページをAmazon内のページに設定すること
  • カート広告では、対象商品の在庫があること
  • レビュー広告では、十分なレビュー数と評価があること
  • クーポン広告では、広告掲載期間中に有効なクーポンがあること
まとめ

ダイナミックeコマース広告は、機械学習によって最適な配信がなされるというネット広告のトレンドに沿いながら、Amazon独自の要素も備えているという点で魅力的です。

2019年4月19日発売の書籍『Amazon広告“打ち手"大全 最強の戦略77』をWeb担で一部公開中

『Amazon広告“打ち手”大全 最強の戦略77』
  • 鳴海 拓也+寳 洋平 著
  • 発行:インプレス
  • ISBN:978-4295005629
  • 価格:2,500円+税

ネット広告は「3強」の時代へ。
ECの本丸を攻略するための“打ち手"を先駆者が提案

Google広告(旧AdWords)、Facebook広告に続く運用型ネット広告として、「Amazon広告」(Amazon Advertising)が急成長しています。

その最大の強みは、Amazonが持つ圧倒的な規模の「購買データ」を利用できること。商品を買いたいユーザーが数多くアクセスし、実際に購入していくAmazonという場が広告プラットフォームとして魅力的であることは、もはや疑いようがありません。

また、Amazon広告では購買データに基づいたターゲティングにより、外部のメディアサイトやSNSに掲載した広告から、自社商品のAmazon詳細ページなどに集客することも可能です。顧客となりうるユーザーを幅広いサイトから的確に見つけて売り場に呼び込む、強力な販促手段として期待が高まっています。

本書では、コンサルタントとしてAmazon広告にいち早く取り組んできた著者が、Amazon広告の自社運用、および代理店に運用を依頼する際の具体的な“打ち手"を提案。前提として知っておくべき知識や心構えから、Amazon内の検索・ディスプレイ広告、Amazon外でのターゲティングやリマーケティング、広告の評価と拡大に向けた施策まで、成果につながるノウハウを体系的に解説していきます。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]