国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

被リンクを獲得するための12個のコツ

ページ

海外のSEO/SEM情報を日本語でピックアップ

被リンクを獲得するための12個のコツ
★★★★☆ ロンドン発のリンクビルディング手法 (Koozai)

「LinkLove」というSEOカンファレンスが、英ロンドンで開催された。このイベントは名前が示すとおり「リンクビルディング(被リンク獲得)」に焦点を当てたもの。

セッションで出てきた有用な100以上の情報を紹介しているKoozaiの記事から、厳選した12個を紹介する。興味があれば残りはご自身でチェックしてほしい。

いわゆる企業というものは、すばやく方針変換したり行動したりしづらいものだが、リンク獲得に役立つたくさんのコンテンツをすでに持っているはずだ。コンテンツを作るには時間と労力がかかるが、良いコンテンツは次から次へとリンクを創出し続けてくれる。

私たちはグーグルのためにコンテンツを作ってはいない。ユーザーのために作っている。

人々がコンテンツを見てそのコンテンツにリンクしたときに作られるのが「ナチュラルリンク」だ。グーグルが求めているのは、こうしたリンクだ。

筆者補足: 良いコンテンツだと思ったからこそ人はリンクを張るのだということ

集団のリーダー的存在の人からリンクを得ることを目指す。そうすれば将来的にもっと多くのリンクを獲得できる。

筆者補足: 影響力の大きい人からリンクされるようにするといいということ

何が効果的かを判断するときに重要なのは、客観的事実に基づくことだ。たとえば「インフォグラフィックが乱用されている」と人々が言っているからといって、それがインフォグラフィックの効果がなくなったということではない。インフォグラフィックはまだ効果的だ。

的を射た短い文の書き方を見つけ出すには詩を読むと役立つ。

筆者補足: 本当かどうか試してみよう!

何がうまくいくかは実際には何も変わっていない。どんなことが「ランキングを操作する手法」だとグーグルに判断されるかはわかっている。唯一変わったのは、グーグルがその判断に基づいてちゃんと対処できるようになったということだ。

何かを作ったら、それを作るのに使ったツールを制作した会社にコンタクトを取って、そのツールについて記事を書くことを申し出るといい。

筆者補足: たとえばその寄稿した記事の署名から自分のサイトにリンクを張るのだろう

グーグルはコンテキスト(文脈)に対する感知能力が非常に高くなっている。コンテキストに応じて、あるサイトからのリンクが高く評価されることもあるし逆にマイナス評価になることもある。

ペナルティを受けていないとしても、被リンクの状態をクリーンにしておくほうが今はいい。

「より多くのリンクを獲得する時代」から、「適切なリンクだけを得て悪いリンクを除去する時代」に変わった。

nofollowが付いたリンクを心配するのはやめて、だれもクリックしないリンクを心配するようにすること。

CTR対決: 著者情報の顔写真 vs. 動画リッチスニペット
★★★☆☆ 著者情報の勝ち (Understanding Google Places & Local Search)

グーグルの著者情報プログラムを設定するとコンテンツ作成者の顔写真を検索結果に表示させることができる。一方、動画コンテンツでは動画のサムネイルをリッチスニペットとして検索結果に表示させることができる。

どちらも検索者の視覚に訴えることができるので、高いCTR(クリック率)を期待できる。

では、「著者情報」と「動画リッチスニペット」のどちらが検索結果でより高いクリニック率を獲得するのだろうか? これを調査した結果を、こちらの記事では公開している。

次のような結果が出た。

  • 著者情報も動画リッチスニペットのどちらも、標準の検索結果と比べると高いCTRを記録した。
  • 著者情報と動画リッチスニペットを比べた場合は、著者情報のほうが高いCTRを記録した。
著者情報のヒートマップ
著者情報が出た検索結果のヒートマップ(3位が著者情報)。暖色ほどクリックが多い。
動画リッチスニペットのヒートマップ
動画リッチスニペットが出た検索結果のヒートマップ(3位が動画リッチスニペット)。著者情報よりも寒色だ。

著者情報の顔写真のほうが検索ユーザーにはインパクトが大きいのかもしれない。ただしこの実験では個人の傷害を扱う弁護士の検索結果を対象にした。弁護士は信用度が大きく左右する職業であるから顔写真が検索者の気を特に引いたのかもしれない。

なお動画リッチスニペットは、視線は集めたもののその下に出てきた結果のほうがCTRが高かったそうだ。不思議だ。サムネイルを見た後にそのすぐ下にある結果に視線が向かってしまうのであろうか?

英BBCが不正なリンクでペナルティ!?
★★★☆☆ 不自然なリンクだけを信用しなくなっただけ (Google Webmaster Central Help Forum)

BBC(英国放送協会)のサイト管理者が不正なリンクの警告をグーグルから受け、グーグルウェブマスター向け公式ヘルプフォーラムで援助を求めた。

BBCのサイトは巨大であり、多くの部署と数千の代理店や執筆者がかかわっているため、原因の特定が極めて困難なのです。

BBCまでもがリンクの購入あるいはリンクの販売をやっているのかとも疑われたのだが、どうやら必ずしもそうではなかったようだ。

グーグル社員のジョン・ミューラー氏が調べたところ、1つの記事に張られたリンクに不自然だと判断されるものが検出されそのリンクだけを信用しなくなったと通知するものであった。サイト全体の評価を下げる手動対応の警告ではなかったということだ。

昨年の7月末にグーグルが新たに送信を始めたリンクメッセージだろうと推測できる。

信用されなくなったリンクはBBC関係者ではなく部外者が張ったリンクかもしれない。

いずれにしても、BBCのような超メジャーなサイトであったとしても、グーグルは特別扱いせずに他のサイトと同様に扱う姿勢を貫いているといえるのではないだろうか。

Bingウェブマスターツールでサイト移転を通知可能に
★★★☆☆ 機能としては優れもの (Bing Webmaster Blog)

Bingウェブマスターツールに「サイト移転」の機能が追加された。

Bingウェブマスターツールのサイト移転ツール

「サイト移転」は、ドメイン名の変更などでURLを変更したことをBingに伝えるためのツールで、グーグルウェブマスターツールの「アドレス変更」ツールに相当する。

違う点は、グーグルウェブマスターツールはドメイン名の移動にしか使えないのに対して、Bingウェブマスターツールは同じサイト内の1つのURLの変更やディレクトリ単位の変更にも利用できることだ。柔軟性という点においてはBingウェブマスターツールに軍配が上がるだろう。

なお「サイト移転」はこれ単体で移転処理が完了するわけではない。URLの移転に通常使う301リダイレクトの設定は依然として必要だ。「サイト移転」を利用することでBing側の処理を早めることができるのだ。この点においてはグーグルウェブマスターツールと同様だ。

日本におけるBingのシェアはお世辞にも高いと言えないとしても、Bing検索からのトラフィックはゼロではないだろう。したがってURLを変更した際には手が空いていればサイト移転ツールを使ってみるといい。

SEO JapanSEO Japanの
掲載記事からピックアップ

SEOの戦略プランニングとSEOビジネスの始め方を解説した記事を、今週はピックアップ。

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]