BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『ユビキタスでつくる情報社会基盤』

ブックレビュー

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊

『ユビキタスでつくる情報社会基盤』

森山 和道(サイエンスライター)

ユビキタス情報社会基盤は、技術だけでは構築できない
それを実現するための、多分野にわたる社会的枠組みが必要だ

ユビキタスでつくる情報社会基盤
  • 『ユビキタスでつくる情報社会基盤』
  • 坂村 健 編
  • ISBN:4-13-060800-2
  • 定価:本体2,800円+税
  • 東京大学出版会

ユビキタス情報社会基盤とは「あらゆる場面で状況に応じて最適なデジタル化された情報が負担なく活用できる社会のための情報基盤をつくろうということ」だという。社会基盤は技術だけでは構築できない。知的所有権、セキュリティ、プライバシー、それを支える法律や社会意識の醸成など、多分野にわたる社会的枠組みが必要だ。本書はユビキタスコンピューティングを実現するためのさまざまな角度からの取り組みを実践者たちが執筆したもの。場所情報システム、食品トレーサビリティ、イネーブルウェア、医療情報管理システムなどの取り組みが取り上げられている。セキュリティとプライバシーについてもまるまる一章が割かれており、ユビキタスコンピューティングの哲学や思想、ネットワークによる「知」の変化に与える論考、そして展望に関する座談会も収録されている。

ユビキタスコンピューティングはインフラに関わるイノベーションなので話題は幅広い。各分野の知識はある人も、他の分野までは目配りできていないこともあるだろう。本書でおおざっぱな知識を仕入れることも悪くないはずだ。

坂村氏は仲間内の「すりあわせ」に頼る日本の特質はインフラ・イノベーションには不向きだが、今こそ日本がインフラ技術において世界に貢献するべきであり、リスクを取れと檄を飛ばしている。

責任を持つ主体を考えにくい日本が社会基盤を作れるか。インフラ作りのための社会的仕組みも同時に求められている。

※この記事は、『Web担当者 現場のノウハウ vol.3』掲載の記事です。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]