コメント投稿

アウンコンサル、ポータルサイト利用動向調査で女性ユーザー率は「Excite」が最高

若い年代層は「livedoor」が多く年代が上がるとプロバイダー系サイトを利用
よろしければこちらもご覧ください

マーケティング支援のアウンコンサルティングは、国内ポータルサイトの利用動向調査結果を2月16日発表した。利用者の男女比、年代に関し、ポータルサイトによって差が見られた。女性ユーザーの比率が最も高いのは「Excite」で、若い年代層の利用が多いのは「livedoor」だった。

インターネット視聴率調査のコムスコア・ジャパンの12月の集計データを基に調べた。検索サービス、リンク集、その他オンラインサービスを総合的に提供しているサイトをポータルサイトと定義し、Excite、livedoorのほか「Yahoo!Japan」「BIGLOBE」「So-net」「nifty」「OCN」「Infoseek」を対象にした。

ユーザーの男女別では、Exciteの女性比率が48.8%と最高となり、Yahoo!Japan、BIGLOBE、So-netと続く。反対に男性比率が最も高いのはlivedoorの59.1%で、次いでInfoseek、OCN、niftyの順。年代別で見ると、livedoorは34歳以下の若年層が約40%を占めた。35歳以上になると、OCN、niftyなどプロバイダー系のポータルサイトの利用が多かった。

アウンコンサルティング
http://www.auncon.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
8312
8312
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル