コメント投稿

クレジットカードのシェア徹底解説!国際ブランド・決済手段別

VISAやMasterCard、American Express、JCB、Dinnersなど、世界中に加盟店ネットワークを持つカードブランドの日本と世界でのシェア、それぞれのカードブランドの特長を紹介しています。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

card_share_main.png

クレジットカードの国際ブランドとは?

クレジットカードの国際ブランドとは、VISAやMasterCardなど世界中に加盟店ネットワークを持つクレジットカードのブランドを指します。国際ブランド付きのクレジットカードは、当該ブランドの加盟店であれば、さまざまな国と地域で利用可能です。

クレジットカードは、各国際ブランドや、国際ブランドと提携したイシュア(カード発行会社)が発行します。例えば、国際ブランドのひとつAmerican Expressは、同社が自らクレジットカードを発行している他に、提携しているイシュアもAmerican Expressブランドのクレジットカードを発行することが可能です。

一方、VISAやMasterCardは、ブランドライセンスの提供は行っていますが、自社発行は行っていません。なお、自社発行のカードは「プロパーカード」、ライセンス発行のカードは「ライセンスカード」と区別されています。

店舗やECサイトなどの事業者がクレジットカード決済を導入する場合は、ブランドの加盟店とならなければなりません。加盟店になるには、加盟店の開拓や審査、管理を担う会社である「アクワイアラ」、または「決済代行会社(PSP)」と契約する必要があります。

→続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
000
000
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]