キャッシュレス決済「楽天ペイ(実店舗決済)」が主要カードブランドのタッチ決済に対応

楽天ペイメント、「VISA」「Mastercard」「JCB」など、カード受け渡しや暗証番号が不要

楽天グループ傘下で決済・マーケティング事業の楽天ペイメントは、同社が展開する実店舗向けキャッシュレス決済サービス「楽天ペイ(実店舗決済)」が、主要クレジットカードブランドのタッチ決済への対応を10月20日に始めた、と同日発表した。今後のタッチ決済の拡大を見込んだ。

楽天ペイ(実店舗決済)は、実店舗がクレジットカード、電子マネー、アプリ決済をまとめて導入できるサービス。 タッチ決済は、店頭で専用端末にカードをかざすことで決済が完了する。従来のカード決済で必要なカードの受け渡しやリーダーへの挿入、暗証番号の入力が不要になる。

楽天ペイ(実店舗決済)がタッチ決済に対応したカードブランドは「VISA」「Mastercard」「JCB」「American Express」「Diners Club」「Discover」の6つ。加盟店は、配信済みのカードリーダーのアップデートと同日から順次配信する加盟店アプリのアップデートによって利用できる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]