クレカ選択で重視するポイント、「ポイント還元率」と「年会費の安さ」が上位に【CyberOwl調べ】

メインカードとして一番利用しているクレジットカード、やはり「楽天カード」が強さを発揮。

CyberOwlは、「クレジットカードの保有状況」に関する調査結果を発表した。全国300人がアンケートに回答している。

「楽天カード」が強さを発揮

まず「メインカードとして一番利用しているクレジットカード」を聞くと、「楽天カード」「三井住友カード(NL)」「三菱UFJカード」「dカード」「PayPayカード」が上位だった。

「メインカードを選んだ決め手」では、「ポイント還元率が高い」106人(35%)が最多。「年会費が無料・安い」94人(31%)がそれに続く。

「メインカードの国際ブランド」では「VISA」59.0%が過半数を占めて強さを発揮。「JCB」「Mastercard」「American Express」など著名カード会社がそれに続いた。

メインカードだけでなくサブカードについても調査したところ、意外にも「サブカードはない」とする人が最多。もっとも人気なのは楽天カードだった。

サブカードについても「選んだ決め手」を聞くと、こちらはポイント還元率より「年会費が無料・安い」76人(27.5%)が最多だった。利用頻度が少ない分、ポイント還元率よりも維持費が重視されているようだ。

調査概要

  • 【調査対象】クレジットカードを保有している人
  • 【調査方法】インターネット
  • 【調査時期】2023年6月
  • 【調査数】300人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]