2023年に新しく発行したクレジットカードは「楽天カード」が最多。ポイントの還元率がカギ?【MMD研究所調べ】

2023年、新規利用者が最も多かったQRコード決済は「PayPay」。

MMD研究所は、「2023年1年間のクレジットカード発行とQRコード決済利用開始に関する調査」を実施した。20歳~69歳の男女30,000人が回答している。

2023年に新しく発行したクレジットカードは「楽天カード」が最多

2023年1年間に発行したクレジットカード(複数回答可)

まず、2023年に新しく発行したクレジットカードを聞くと「楽天カード」が7.1%と最も多く、ついで「PayPayカード」が5.1%、「三井住友カード」が4.1%となった。

2023年1年間に発行したクレジットカードの発行理由(複数回答可)

それぞれのカードの発行理由としては、上位10サービス中7サービスで「ポイント等の還元率が高かった」が1位に。イオンカードとエポスカードでは「年会費の負担が無かった」、メルカードでは「新規入会キャンペーンがあった」がトップだった。

2023年に使い始めたQRコード決済、1位「PayPay」2位「楽天ペイ」

2023年1年間に利用を開始したQRコード決済(複数回答可)

また、2023年に利用を開始したQRコード決済を聞いたところ、「PayPay」が12.0%と最も多く、ついで「楽天ペイ」が10.3%、「d払い」が6.6%となった。

2023年1年間に利用を開始したQRコード決済の利用開始理由(複数回答可)

それぞれの利用開始理由としては、8サービス中6サービスで「ポイント等の還元率が高かった」が最多に。FamiPayでは「利用する店でお得になった」、ゆうちょPayでは「支出を管理しやすそうだった」という声が多かった。

調査概要

  • 【調査期間】2023年11月24日~11月29日
  • 【有効回答】30,000人 ※人口構成比に合わせて回収
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査対象】20歳~69歳の男女
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]