スマホの通信契約、「UQ mobile」「Y!mobile」などキャリアサブブランドが増加。総合満足度トップは「ahamo」【MMD研究所調べ】

2023年9月のMNOシェア・満足度を調査。

MMD研究所は、「2023年9月 MNOのシェア・満足度調査」を実施した。予備調査では40,000人、本調査では2,700人が回答している。

MNOの利用率、「UQ mobile」が0.9ポイント増

メイン利用のスマートフォンの通信サービス/サブ利用のスマートフォンの通信サービス

まず、メインで利用しているスマートフォンの通信サービスを聞くと、従来プラン・オンライン専用プラン・キャリアサブブランドを合わせた4キャリアの割合は90.2%となった。そのうち、オンライン専用プラン(ahamo、povo、LINEMO)の割合は9.1%、キャリアサブブランド(Y!mobile、UQ mobile)の割合は17.9%となり、2023年2月の調査よりも微増していた。

また、サブで利用しているスマートフォンの通信サービスを聞くと、4キャリアの割合は84.4%、オンライン専用プランの割合は14.2%、キャリアサブブランドの割合は12.1%となった。

MNOの利用率の推移 ※メイン利用の端末

MNOの利用率の推移を見ると、2023年2月と比べて最も割合が増えたのは「UQ mobile」で0.9ポイント増。次に「ahamo」と「Y!mobile」が0.5ポイント増となった。

総合満足度1位は「ahamo」、NPS1位は「LINEMO」

MNO9サービスの総合満足度

利用しているMNOサービスの総合満足度を聞いたところ、「ahamo」が最も高く736ポイント、ついで「LINEMO」が735ポイントとなった。

MNO9サービスのNPS(ネット・プロモーター・スコア/顧客推奨度)

また各サービスのNPS※を算出すると、「LINEMO」が最も高く、ついで「povo」「ahamo」の順となった。反対に最も低かったのは「SoftBank」だった。

※NPS:ネット・プロモーター・スコア/顧客推奨度。家族や友人にすすめたいかどうかを10点満点で評価。

調査概要

  • 【調査期間】2023年9月22日~9月27日
  • 【有効回答】<予備調査>40,000人 ※人口構成比に合わせてウエイトバックを実施 <本調査>2,700人 ※docomo(n=300)、au(n=300)、SoftBank(n=300)、ahamo(n=300)、povo(n=300)、LINEMO(n=300)、Rakuten最強プラン(n=300)、Y!mobile(n=300)、UQ mobile(n=300)
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査対象】<予備調査>18歳~69歳の男女 <本調査>MNO利用者
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ネットプロモータースコア
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。「ある製品・サービスを友人に勧めるか」という ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]