悩む職場交流、「同年代の上司とのコミュニケーション」はやはり難しい?【ソノリテ調べ】

上司と上手くコミュニケーションが取れていない人は2割超。

ソノリテは、職場における「コミュニケーションの取りにくさ」に関する調査結果を発表した。20代~30代前半で部下の立場にある人が対象で、上司・同僚とのコミュニケーションに課題を感じている人の割合、社内コミュニケーション活性化のための取り組みなどについて調査した内容。

雑談や飲み会より「コミュニケーションツール」がカギ

まず「上司と上手くコミュニケーションを取れていると思いますか?」と聞くと、「とてもそう思う」13.6%、「ある程度そう思う」62.0%で肯定派が多数だが、「あまりそう思わない」19.9%、「まったくそう思わない」4.5%も一定数存在。上司の年代別では30代前半が特に多く、自身と同年代ほどかえってコミュニケーションが難しいようだ。

あわせて「同僚と上手くコミュニケーションを取れていると思いますか?」を聞くと、「とてもそう思う」18.6%、「ある程度そう思う」64.4%で上司よりはやや良好な関係を築いている。否定的な170人に「コミュニケーションを取りにくいと感じる要因は何ですか?」を聞くと、「共通の話題がないから」37.2%が最多で、「向こうから話しかけてくることがないから」25.7%、「年齢差が大きく会話がかみ合わないため」24.7%が続いた。

そこで「社員間コミュニケーションについて企業全体で取り組んでいること」を聞くと、「コミュニケーションツールを使っている(チャット/社内SNS/仮想空間オフィス/コラボレーションツールなど)」31.6%が最多で、「ミーティングスペースを設けている」23.9%、「フリーアドレス制にしている(好きな席に座って作業できるワークスタイル)」22.6%が続いた。コミュニケーションツールは「一番効果があったもの」でもトップだ。

最後にコミュニケーション活性化の施策として「会社に実施してほしいこと」を聞くと、「社内に食堂やカフェ、バーなどを設ける」25.0%が多く、「フリーアドレス制」12.9%、「コミュニケーションツールの導入(チャット/社内SNS/仮想空間オフィス/コラボレーションツールなど)」9.8%を大きく上回った。リアルかつカジュアルなコミュニケーションがコロナ禍以降の職場交流ではポイントとなりそうだ。

調査概要

  • 【調査対象】20代~30代前半の従業員(管理職以外)のオフィスワーカー(ホワイトカラー、リモート勤務含む)
  • 【調査方法】リンクアンドパートナーズが提供する調査PR「RRP」によるインターネット調査
  • 【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
  • 【調査時期】2023年12月15日~16日
  • 【有効回答数】1,003人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]