フィッシング詐欺・1月最新状況、Amazonを騙るフィッシングが前月から約62.4%減少【フィッシング対策協調べ】

詐欺メール配信は減少したが、URLの使い分けが進みセキュリティ回避の手口が巧妙に。

フィッシング対策協議会は、2024年1月に寄せられたフィッシング報告件数(海外含む)の集計結果を発表した。同協議会では、事業者などに寄せられた問い合わせ情報をリアルタイムに集約し、共有データベース化している。

フィッシング対策協議会は、DMARCポリシーに従ったメール配信を呼びかけ

2024年1月のフィッシング報告件数(海外含む)は、前月90,792件より減少し、85,827件と低水準が続く。

フィッシングサイトとして使われたURLの件数(重複なし)は19,486件で、前月から2,314件増加した。

2024年1月に悪用されたブランド件数(海外含む)は、前月より6件減少し74ブランド。内訳はクレジット・信販系16ブランドが最多で、金融系11ブランド、通信事業者・メールサービス系9ブランド、配送系6ブランド、オンラインサービス系5ブランド、EC系4ブランドで、金融系が増加傾向を見せている。

前月に引き続きETC利用照会サービスを騙るフィッシングの報告が多く、報告数全体の約18.0%だった。以下、三井住友カード、Amazon、マイナポイント事務局、エポスカードを騙るフィッシングが続く。

1月はフィッシングメール配信自体は減少傾向だったが、迷惑メールフィルター回避のためURL件数が増加した。またさまざまなクラウドサービスだけでなく一般利用者向けメールサービスのアカウントからフィッシングメール配信を行うケースが見られた。ETC利用照会サービス、Amazonを騙るフィッシングの報告は1月初旬は多かったものの減少傾向となり、特にAmazonに関しては前月と比較して約62.4%減少した。

フィッシング対策協議会では、メールサービスを提供している通信事業者に向け、DMARCポリシーに従ったメールの配信を行うとともに、迷惑メール対策を強化するよう呼びかけている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]