フィッシング詐欺の最新状況、7月はAmazonが再び標的に。クレジット系は減少傾向に転じる【フィッシング対策協調べ】

報告件数は6月から約21.8%減少したが、117,024件とまだまだ大台。

フィッシング対策協議会は、2023年7月に寄せられたフィッシング報告件数(海外含む)の集計結果を発表した。同協議会では、事業者などに寄せられた問い合わせ情報をリアルタイムに集約し、共有データベース化している。

Amazonに加え、クレジット・信販系と金融系は悪用されがち

2023年7月のフィッシング報告件数(海外含む)は、前月149,714件より大幅に減少し117,024件だった。10万件は超えたが、過去最高を記録した6月から約21.8%の減少を示している。

フィッシングサイトとして使われたURLの件数(重複なし)は21,585件で、これも減少傾向にある。

2023年5月に悪用されたブランド件数(海外含む)は、前月より14件減少し93件。内訳はクレジット・信販系22ブランド、金融系20ブランド、通信事業者・メールサービス系15ブランド、配送系6ブランド、EC系5ブランド、官公庁5ブランドなどだった。

一時期過半数を占めていたAmazonを騙る詐欺だが、ここ数か月は急減。クレジット系の報告が増加していたが、7月はふたたびAmazonを騙る詐欺が急増。報告数全体の約31.0%まで拡大した。次いで報告数が多かったのは三井住友カード、イオンカード、セゾンカード、ヤマト運輸、日本航空を騙るフィッシングで、これら6ブランドで全体の約63.5%を占めた。

また実在するサービスのメールアドレス(ドメイン)をメール差出人に使用した「なりすまし」フィッシングメール、悪質ECサイトに関する報告も引き続き多く、注意が必要だ。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]