ADK MSが講談社「KiisS」と連携、ショート動画制作のソリューションを提供開始

総合出版社の編集力を生かしてショート動画のディレクションから広告運用まで支援

ADKホールディングス傘下でマーケティングソリューション事業のADKマーケティング・ソリューションズ(ADK MS)は、講談社によるコンテンツ提供型コンサルティングサービス「KiisS(キーズ)」と連携してショート動画制作のソリューションの提供を始めた、と2月21日に発表した。ショート動画で豊富な経験とナレッジ(知識)を持つ制作会社を起用した動画制作ソリューションを提供する。

ADK MSは、総合マーケティング会社としてクライアントの課題に応じてKiisS内の最適な編集部をアサイン(割り当て)し、共に企画や制作に関するディレクションを制作会社に対して行う。講談社は、総合出版社として自社で発行している「ViVi」、「VOCE」、「現代ビジネス」などさまざまなジャンルの編集リソースをショート動画制作に活用し、クライアントのオウンドメディアなどで一次使用が可能なコンテンツを企画する。

制作実績には「日本ケロッグ『プリングルズ』TikTok動画 by KiisS With ViVi編集部」がある。ADK MSは全体統括、ViVi編集部は企画・キャスティング・撮影ディレクション、制作会社は企画・撮影・編集を行い、ポテトチップスのプリングルズブランドの世界観をショート動画で表現した。ADK MSは今後も出版社と協業して、多種多様なターゲットの興味喚起につながる新しいソリューションを開発していく。

制作実績の例
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]