フィッシング詐欺で使われるブランド最多はやっぱり「Amazon」、全体の4割超【2023年1月・フィッシング対策協調べ】

Amazon以外では「ETC利用照会サービス」「セゾンカード」「PayPayカード」など。

フィッシング対策協議会は、2023年1月におけるフィッシング詐欺の状況を発表した。「フィッシング」とは実在する組織を騙って、ユーザーネーム、パスワード、アカウントID、ATMの暗証番号、クレジットカード番号といった個人情報を詐取する行為を指す。

フィッシング報告件数自体は、12月から大幅減少

まず、2023年1月にフィッシング対策協議会に寄せられた「フィッシング報告件数(海外含む)」は、38,269件。前月の65,474件より大幅に減少した。年末はセールスに便乗する詐欺が多く、その反動と思われる。

「フィッシングサイトで使われているURLの件数(重複なし)」も12月の13,810件より大幅減少し、7,704件だった。なお「フィッシングに悪用されたブランド件数(海外含む)」は前月より2件減少し、76件だった。

具体的な詐称ブランドを見ると、「Amazon」が引き続き最多で全体の約44.6%を占める。以下「ETC利用照会サービス」「セゾンカード」「PayPayカード」などを騙るフィッシングの報告が多い。SMSから誘導されるフィッシング(スミッシング)では「Apple」「ドコモなどモバイルキャリア」「国税庁」を騙るものが目立った。

報告されたURL全体のTLD別では、短縮URLによく使われる「.ly」36.6%が特に多いが、以下「.com」25.8%、「.shop」10.3%、「.cn」6.6 %、「.org」5.7%、「.top」5.5%と一般的なTLDも多かった。

2023年1月の傾向としては「フィッシングサイトのURLをQRコードにしてメールに埋め込んだフィッシングメール」の報告が増加し、1,000件以上の報告を受領したという。

調査概要

  • 【調査対象】フィッシング対策協議会に寄せられたフィッシング報告件数(海外含む)を集計
  • 【調査時期】2023年1月
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]