フィッシング詐欺の報告件数が2月に入って大幅増、1月の3万8千件から約6万件に【フィッシング対策協調べ】

Amazon詐称が減少するも、イオンカード、ヤマト運輸などが相対的に増加。

フィッシング対策協議会は、2023年2月に寄せられたフィッシング報告件数(海外含む)の集計結果を発表した。同協議会では、事業者などに寄せられた問い合わせ情報をリアルタイムに集約し、共有データベース化している。

定番詐欺がまだまだ蔓延

2023年2月のフィッシング報告件数(海外含む)は、前月38,269件より大幅に増加し59,044件となった。ここ数か月減少が続いていたが、ほぼ半年ぶりに増加を見せた。

フィッシングサイトとして使われたURLの件数(重複なし)は9,994件で、絶対数は多くないがわずかに増加している。

2023年2月に悪用されたブランド件数(海外含む)は、前月より13件増加し89件だった。Amazonを騙る詐欺は大幅に減少し、報告数全体の約28.0%にとどまった。以下、イオンカード、ヤマト運輸、ソニー銀行、セゾンカード、ETC利用照会サービス、えきねっとといったブランドを詐称する詐欺が続く。また報告数は多くないものの、通信事業者を騙るフィッシングも根強く見つかっているという。

SMSから誘導されるフィッシング(スミッシング)については、宅配便関連の不在通知を装う文面からAppleの偽サイトへ誘導するもの、関税局を騙るものが報告されている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]