フィッシング詐欺メールの最新動向、2022年7月~9月は前四半期と比べて31%も増加【Vade調べ】

2022年はマルウェア攻撃も増加し、9月時点で前年の年間合計をすでに上回る。

フランスのセキュリティ企業Vade(ヴェイド)は、「2022年第3四半期フィッシングおよびマルウェアレポート」を発表した。2022年第3四半期(7月~9月)におけるフィッシングおよびマルウェアの検出状況をまとめた内容だ。同社は、世界中で14億個のメールボックスを保護しているという。

フィッシングメール検知数は、前四半期から31%増加

まず全世界のフィッシングメール検知数は、前四半期となる2022年第2四半期(4月~6月)と比べて、31%増加し、2億390万件が検出されていた。当期では7月(7,920万件)が特に多い。

世界のフィッシングメール検知数(2022年第3四半期)

なりすましの被害が多いブランドでは、「Facebook」が特に多く、「Google」「MTB」「PayPal」「Microsoft」がそれに続いた。日本のブランドでは、通信事業者の「au」が7位にランクインしている。

フィッシング攻撃でもっともなりすましの多いブランド(2022年第3四半期)

前出のMTBは、米国の銀行持株会社だが、こうした金融サービスはもっともなりすましの多い業界で、第3四半期にVadeが検出したフィッシングメールでは32%を占めた。

なりすましの多いトップ25ブランドの業界(2022年第3四半期)

マルウェア攻撃数は、2021年全部の検出数を第3四半期で上回る

2022年はマルウェア攻撃も増加し、第3四半期には5,250万件のマルウェアメールが検出された。2021年全体の検出数が1億2,170万件であったのに対し、2022年のマルウェアの合計数はすでに1億7,750万件に達しており、9月時点で前年の年間合計をすでに上回っている。

世界のマルウェアメール検知数(2022年第3四半期)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]