MVNO、シェア1位は「OCN モバイル ONE」、 総合満足度1位は「イオンモバイル」 【MMD研究所調べ】

「MVNO」を契約している割合は9.7%。MVNOシェア「楽天モバイル」を抜いて「OCN モバイル ONE」がトップ

MMDLaboが運営するMMD研究所は、予備調査では18歳~69歳の男女40,000人、本調査では18歳~69歳の男女900人※を対象に「2023年2月MVNOのシェア・満足度調査」を実施した。

※OCN モバイル ONE(n=150)、楽天モバイル(n=150)、mineo(n=150)、IIJmio(n=150)、イオンモバイル(n=150)、BIGLOBEモバイル(n=150)

メインで利用しているスマートフォンの通信契約、MVNOは9.7%

男女40,000人のうち、通信契約しているスマートフォンを所有する36,560人を対象に、メインで利用しているスマートフォンの通信サービスを聞いたところ、9.7%が「MVNO」を契約していた。

MVNOのメイン利用率の推移を見てみると、2022年9月の9.9%から0.2ポイント減少している。

次に、メインでMVNOを契約している3,548人を対象に、契約サービスを聞いたところ、「OCN モバイル ONE」が18.4%と最も多く、続いて「楽天モバイル」が16.5%、「mineo」が13.3%となった。

MVNO 6サービスで利用率の推移を見てみると、前回調査の2022年9月(n=3,632)から「OCN モバイル ONE」が1.2ポイント、「イオンモバイル」が0.7ポイント増加している。

MVNOの総合満足度1位は「イオンモバイル」、NPS1位は「mineo」

予備調査からMVNO 6サービスを利用している900人(各n=150)を抽出し、利用しているサービスの総合満足度を聞いたところ、754ptで「イオンモバイル」がトップ、続いて747ptで「mineo」となった。

MVNOを利用している人(各n=150)を対象に、家族や友人にお薦めしたいかどうか10点満点の点数をつけてもらい、NPS(ネット・プロモーター・スコア/顧客推奨度)を出したところ、9点から10点をつけた推奨者が15.7%、7点から8点をつけた中立者は46.7%、0点から6点をつけた批判者は37.7%となり、推奨者から批判者を引いたNPSは-22.0となった。サービス別でNPSを見てみると、-9.3で「mineo」が最も高く、続いて-14.0で「イオンモバイル」となった。

調査概要

  • 【調査対象 1】予備調査:18歳~69歳の男女40,000人
※人口構成比に合わせてウエイトバックを実施
  • 【調査対象 2】本調査:MVNOを利用している18歳~69歳の男女900人
※OCN モバイル ONE(n=150)、楽天モバイル(n=150)、mineo(n=150)、IIJmio(n=150)、イオンモバイル(n=150)、BIGLOBEモバイル(n=150)
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2023年2月3日~2月6日
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]