スマホのOS利用率、iPhone 44.1%、Android 51.5% 世代別で異なる利用率【MMD研究所調べ】

メイン利用スマホのOS利用率は、iPhoneが44.1%、Androidが51.5%。iPhone利用率は10代、20代が最多、Android利用率は60代男女が最多

MMD研究所は、スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女10,000人を対象に「2022年5月スマートフォンOSシェア調査」を実施した。

メインスマートフォン、Androidが過半数

現在メインで利用しているスマートフォン(OS)について聞くと、「iPhone」(iOS)が44.1%、「Android」が51.5%となり、「その他のスマートフォン」が4.4%という結果となった。

性年代別に見ると、iPhoneは女性10代が最も多く84.1%、次いで女性20代が70.2%、男性10代が70.1%、男性20代が57.0%、Androidは、女性60代が最も多く64.1%、次いで男性60代が60.3%、男性40代が58.0%、男性50代が57.0%となった。

続いて、現在サブ利用(2台目)しているスマートフォンについて聞くと、「所持していない」が92.7%、「iPhone」は2.4%、次いで「Android」が4.1%、「その他のスマートフォン」が0.8%となった。2台目の所持率は1割未満であることから、前述のメインスマートフォンの所持率がおおよそ全体の所持率と言える。

iPhone/Android別、人気端末。
iPhoneは「iPhone SE(第2世代)」
Androidは「AQUOSシリーズ」が利用率上位

メイン利用しているスマートフォンのシリーズを聞くと、iPhoneユーザーは「iPhone SE(2020年発売)」が17.6%、「iPhone 8」が10.4%、「iPhone 12」と「iPhone 11」が9.2%となった。Androidユーザーは「AQUOSシリーズ」が28.3%、次いで「Xperiaシリーズ」が21.1%、「Galaxyシリーズ」が13.5%という結果となった。

続いて、現在メインで利用しているスマートフォンのおおよその利用年数を聞くと、「1年~2年未満」が27.3%と最も多く、次いで「2年~3年未満」が20.1%、横並びで「半年~1年未満」が14.4%、「半年未満」が14.0%となった。

キャリアショップでのスマートフォン端末単体購入の認知度は39.0%、単体購入経験は18.0%

キャリアショップにてスマートフォン単体で購入できることについて聞くと、「知っている」が39.0%、「知らない」が61.0%となった。

次に、キャリアショップでのスマートフォン単体購入経験について聞いたところ、「スマートフォンを単体購入したことがある」が18.0%、「スマートフォンを単体購入したことはない」が82.0%となった。大多数がキャリアで回線契約とセットで購入しているようだ。

スマートフォン「一括1円」販売の認知度は31.6%、うち15.7%が「ニュースを見て知った」

この1ヶ月で、スマートフォンが「一括1円」などで販売されていることを見聞きした経験について聞いたところ(複数回答可)、「ニュースを見て知った」が15.7%、次いで「店舗で見かけた」が14.7%、「友人・知人から聞いて知った」が5.7%という結果となり、約3割がこの1ヶ月で見聞きしたようだ。

調査概要

  • 【調査対象】全国の20代~60代の男女
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2021年12月7日~8日
  • 【有効回答数】1,000人
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]