コメント投稿

2018年12月18日(火)、熱狂の1日再び!日本最大級のデータフィード専門イベント『FeedTech2018』開催決定!今年のテーマは「データフィード革命」~デジタルアセットでマーケティングを変える~

「FeedTech2018」今年のテーマは、 データフィード革命〜デジタルアセットでマーケティングを変える〜
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、2018年12月18日(火)に御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて、日本最大級のデータフィード専門イベント「FeedTech2018 データフィード革命〜デジタルアセットでマーケティングを変える〜」を開催いたします。

また本日より同イベントのお申し込み受付を、特設サイト( https://feedtech.net )より開始いたしました。

 

データフィード専門イベント「FeedTech2018」とは

本イベントは日本初のデータフィード専門大型イベントとして注目を集めた「FeedTech(フィードテック)」の第3回目の開催となります。
データフィード広告の市場はデジタル広告技術の発展とともに拡大を続けています。特に今年は、各プラットフォームがフルファネルに対応した広告メニューの提供を開始するなど、データフィードがマーケティングの主役になった1年となり、自社で保有する「デジタルアセット(自社で保有するデジタルデータ)」を有効活用することの重要性が増しています。

FeedTech2018では、「データフィード革命〜デジタルアセットでマーケティングを変える〜」をテーマに、各社の新しい取り組みや「デジタルアセット」活用術、今後のデータフィード広告の未来を、業界のキープレイヤーによるセッションでお届けしていきます。

特設サイトはこちら

https://feedtech.net

開催概要

●名称:FeedTech2018 データフィード革命〜デジタルアセットでマーケティングを変える〜
●会期:2018年12月18日(火)
●時間:10:30 ~ 17:10(開場 10:00)
●会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 2F
●入場料:無料(事前申し込み制)
お申込&詳細はこちら 

登壇企業(2018年10月24日現在)

●株式会社アイデム
●アナグラム株式会社
●CRITEO株式会社
●Facebook
●株式会社廣済堂
●LINE株式会社
●株式会社フィードフォース

アルファベット、50音順に掲載

メディアスポンサー(2018年10月24日現在)

●ECzine
●ExchangeWire Japan
●ITmediaマーケティング
●MarkeZine
●日本ネット経済新聞
●ネットショップ担当者フォーラム
●Web担当者Forum

アルファベット、50音順に掲載

報道・取材に関するお問い合わせ

本イベントに関する取材をご希望の報道関係者様は、下記お問い合わせ先まで事前にご相談ください。
なお、「事前来場申し込みフォーム」からのお申し込みは必要ありません。当日はお名刺を2枚お持ちの上、プレス・スピーカー・関係者受付へお越しください。

<FeedTech2018に関する 報道・取材お問い合わせ先>
株式会社フィードフォース 
担当: 金井
Email: pr@feedforce.jp

よろしければこちらもご覧ください
010
010
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル