コメント投稿

電通がプログラマティック広告配信の透明性を高めるヘッダービディングの仕組み強化

独自の大規模PMP「電通PMP」などを活用、広告主と媒体社に利点がある取り組みを推進
よろしければこちらもご覧ください

電通は、データに基づいたリアルタイムな広告枠の自動買い付けを意味するプログラマティック広告配信の透明性を高めるヘッダービディングの仕組みを強化する、と3月1日発表した。ヘッダービディングは、掲載したい広告枠を広告主が純粋な価格競争だけで確保可能なインターネット広告で、媒体社にとっても自社の広告在庫を最も高い単価で配信できる。独自の大規模プライベートマーケットプレイス(PMP)「電通PMP」などを活用してヘッダービディングを推進し、広告主と媒体社に利点がある取り組みを進める。PMPは参加媒体と広告主を限定する広告配信を指す。

現在主流になっているウォーターフォール型と呼ぶプログラマティック広告配信は、詳細なターゲティング設定ができてもターゲットに向けた広告枠が確保できるとは限らない、という問題があった。同型は最終的に配信広告を決定するアドサーバーに複数の入札プラットフォームがつながり、プラットフォーム間に事前に優先順位付けがあるため、価格競争の原理が働いていなかった。ヘッダービディングは、広告主のターゲットユーザーへの優先的なアクセス、リーチの拡大と、媒体社の収益性向上を両立させることができる。電通PMPは約250の媒体社が参画している。

よろしければこちらもご覧ください
1971
1971
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル