コメント投稿

ネットショップ構築・運営サービス「MakeShop」ユーザーがショッピング検索サイト「BECOME JAPAN」

よろしければこちらもご覧ください

メイクショップは4月18日、ビカムと業務提携し、メイクショップが運営するネットショップ構築ASPサービス「MakeShop」を利用するショップが、ビカム運営するショッピング検索サイト「BECOME JAPAN」へ商品広告を掲載できるサービスを開始した。

同サービスの利用は、「MakeShop」のユーザーが対象。申し込みは「MakeShop」の管理画面から行える。

広告形式は、プロダクトリスティング広告のクリック課金型、ユーザーが特定のキーワードを入力して検索したときに、検索結果と並んでキーワードに関連する広告を表示し、ユーザーがその広告をクリックし、各ECサイトに遷移したときにだけ課金される形式の2種類。

料金体系は、クリック数×クリック単価で計算。最低金額はカテゴリーごとに5円から設定されている。

料金は、8月末までは無料で、9月以降は有料化される予定だ。

申し込み者には、特別特典として5000円分のクリック料金が付与される。

MakeShop
http://www.makeshop.jp/

よろしければこちらもご覧ください
002
002
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル