商品購入のきっかけになるフレーズ1位は「売上No.1、人気No.1など」、一方で「本当にそうなのかなと思う」は7割超 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2024年6月20日(木) 07:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「商品購入のきっかけになるフレーズ1位は「売上No.1、人気No.1など」、一方で「本当にそうなのかなと思う」は7割超」 からご覧ください。

マーケティング支援を手がけるネオマーケティングは6月19日、「景表法と薬機法表現」をテーマにした調査の結果を公表した。「No.1」「トップ」といった“一番・最上位”系フレーズ表示への消費者の接触状況などを調べた。

これによると、回答者の44.8%が「No.1」などの表示が「購入のきっかけになる」と回答。一方、「No.1」「トップ」などの表示の信ぴょう性を疑うといった割合は72.9%に上った。

調査は4月23日~24日(水)の2日間、全国の20歳以上の男女を対象にインターネットリサーチを行った。

商品・サービスの“一番・最上位”系フレーズを見かける頻度

「No.1(売上No.1、人気No.1など)」が最も遭遇率が高く、42.4%が週に何回か見かけていることがわかった。

ネオマーケティングが公表した「景表法と薬機法表現」をテーマにした調査結果。「No.1(売上No.1、人気No.1など)」「トップ(売上トップ、人気トップなど)」「最○(最高、最上など)」「○○1位(日本1位、世界1位など)」「○○初(日本初、業界初など)」といったいずれのフレーズについて調べた「No.1(売上No.1、人気No.1など)」が最も遭遇率が高い
“一番・最上位”系フレーズが記載された商品・サービスの購入・利用頻度

「No.1(売上No.1、人気No.1など)」「トップ(売上トップ、人気トップなど)」「最○(最高、最上など)」「○○1位(日本1位、世界1位など)」「○○初(日本初、業界初など)」といったフレーズが記載された商品・サービスについて、回答者の20%以上が「頻繁に購入している」「たまに購入している」と答えた。

ネオマーケティングが公表した「景表法と薬機法表現」をテーマにした調査結果。「No.1(売上No.1、人気No.1など)」「トップ(売上トップ、人気トップなど)」「最○(最高、最上など)」「○○1位(日本1位、世界1位など)」「○○初(日本初、業界初など)」といったいずれのフレーズについて調べた「No.1(売上No.1、人気No.1など)」が記載された商品の購入率が最も高い
“一番・最上位”系フレーズに関した商品購入のきっかけ

いずれのフレーズでも3割以上が商品購入のきっかけになっている。フレーズ別では、「No.1(売上No.1、人気No.1など)」表示がが「よく購入のきっかけになる」「たまに購入のきっかけになる」との回答が44.7%で最も多かった。

ネオマーケティングが公表した「景表法と薬機法表現」をテーマにした調査結果。「No.1(売上No.1、人気No.1など)」「トップ(売上トップ、人気トップなど)」「最○(最高、最上など)」「○○1位(日本1位、世界1位など)」「○○初(日本初、業界初など)」といったいずれのフレーズについて調べた“一番・最上位”フレーズでは「No.1」系が最も購入のきっかけに
注意書きの閲読

いずれのフレーズで約半数が「しっかりと読んでいる」「ある程度読んでいる」と回答。フレーズ別では「○○1位(日本1位、世界1位など)」が最も高く、次いで「No.1(売上No.1、人気No.1など)」となった。

ネオマーケティングが公表した「景表法と薬機法表現」をテーマにした調査結果。「No.1(売上No.1、人気No.1など)」「トップ(売上トップ、人気トップなど)」「最○(最高、最上など)」「○○1位(日本1位、世界1位など)」「○○初(日本初、業界初など)」といったいずれのフレーズについて調べたいずれのフレーズでも注意書きを読むという消費者が約半数だった
“一番・最上位”系フレーズが表記された商品やサービスに対する印象

約半数が「商品・サービスを購入・使用してみたい」「商品・サービスを詳細に調べてみたい」と回答し、興味・関心度合いが高まっているようだ。

一方で「本当にそうなのかなと思う」と信ぴょう性について疑問を感じる割合は72.9%に上っている。また「利用者の意見を知りたい」と考える割合は「とてもあてはまる」「ややあてはまる」が58.3%となった。“一番・最上位”系フレーズは第三者意見とセットが望ましいと言えるかもしれない。

ネオマーケティングが公表した「景表法と薬機法表現」をテーマにした調査結果。「No.1(売上No.1、人気No.1など)」「トップ(売上トップ、人気トップなど)」「最○(最高、最上など)」「○○1位(日本1位、世界1位など)」「○○初(日本初、業界初など)」といったいずれのフレーズについて調べた約7割が“一番・最上位”系フレーズの信ぴょう性に疑問、6割弱は第三者意見も望む
「特定保健用食品(トクホ)」や「機能性表示食品」といった食品表示の影響

「保健機能食品」3つのうち、最も購入のきっかけになるのは「トクホ」だった。なお「保健機能食品」3つに関する理解度についても、トクホがトップ。ただ、いずれの表示も「よく理解している」割合は20%を切っていた。

ネオマーケティングが公表した「景表法と薬機法表現」をテーマにした調査結果。「No.1(売上No.1、人気No.1など)」「トップ(売上トップ、人気トップなど)」「最○(最高、最上など)」「○○1位(日本1位、世界1位など)」「○○初(日本初、業界初など)」といったいずれのフレーズについて調べた購入のきっかけになる食品表示はトクホ>機能性表示食品

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:商品購入のきっかけになるフレーズ1位は「売上No.1、人気No.1など」、一方で「本当にそうなのかなと思う」は7割超
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]