楽天市場などECモールの最安値価格を自動調査するツールを無料提供、ユーザーローカル | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2014年11月5日(水) 12:30
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「楽天市場などECモールの最安値価格を自動調査するツールを無料提供、ユーザーローカル | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム」 からご覧ください。
楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピング、価格.comに対応し、最大3000商品の価格を調査する

ビッグデータ解析のユーザーローカルは11月5日、アマゾンや楽天市場などのショッピングモールで販売されている商品の価格を自動調査するツールの提供を始める。料金は無料。楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピング、価格.comに対応し、最大3000商品の価格を調査する。

製品の名称は「ユーザーローカル価格調査ツール」。特徴は主要ショッピングモールで販売されている商品の価格を、最大3000商品まで自動調査できる点。JANコード(またはEANコード)を持つ商品70万商品が対象となる。

搭載している機能は、「最安値自動調査機能」「製品マーケティング分析機能」「アクセス解析機能」。機能の特徴は以下の通り。

  • 最安値自動調査機能→ 楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピング、価格.comの商品価格を自動調査。各サイトごとの最安価格の推移をグラフ表示したり、価格分布がひと目でわかるようにしている。JANコード入りの表計算ファイルをアップロードすると、最安値情報が自動付与されたデータをダウンロードできる独自機能も搭載。送料の有無、購入による付与ポイント、在庫状況なども調査可能。対象商品は3000商品。

ユーザーローカル価格調査ツールの管理画面

ユーザーローカル価格調査ツールの最安値自動調査結果の表示イメージ
  • 製品マーケティング分析→ 各商品を閲覧しているユーザーの地域や、商品が見られている時間帯、一緒に閲覧されている商品を調査し、グラフなどで表示する。データはユーザーローカル提供の無料解析ツールを導入している20万超のサイトを参考にしている。

ユーザーローカル価格調査ツールの管理画面②

ユーザーローカル価格調査ツールの製品マーケティング分析結果の表示イメージ
  • アクセス解析機能→ 店舗サイト内で、誰が、いつ何を見て購入したのかを確認できる機能。商品を購入しなかったユーザーの行動や離脱した理由も調べられる。各商品ごとにPV、UU、滞在時間などを調査。データはユーザーローカル提供の無料解析ツールを導入している20万超のサイトを参考にしている。

各データの更新は1日1回。

価格競争が激しくなっているEC業界では、競合の価格を調べるための手間とコストがネックになっているケースがある。こうした課題を解消し、EC事業者が商品開発や企画といった販促面に注力できるツールとして提供する。

ユーザーローカールはビッグデータ分析に特化したベンチャー企業。アクセス解析ツール「User Insight」、ソーシャルメディア解析ツールなどを提供している。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:楽天市場などECモールの最安値価格を自動調査するツールを無料提供、ユーザーローカル | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

瀧川 正実
ネットショップ担当者フォーラム編集部 デスク

通販、ECに関する業界新聞の編集記者を経て、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、EC業界に関わること約8年。まだまだ、日々勉強中。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AOSSL
「Always on SSL(常時SSL)」の略。 基本的にサイトは非HT ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]