Cookie廃止が広告に与える影響|今後の対策とは?

Cookie廃止が広告に与える影響はWeb技術に詳しくないマーケターにとってどのような問題が発生するのかわからず、具体的な対策を施すことができないのです。そこで今回は、Cookie廃止が広告に与える影響やその対策について解説します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Googleは2020年1月にCookieを廃止することを公表し、広告代理企業や広告主、アフィリエイターなどに大きな衝撃を与えています。これに関連し、Appleではプライバシー問題を防ぐためにCookieを追跡できないようにするなどの対策が取られています。また、これに続く形でGoogleの施策はWebや広告業界にとって大きな転換期を迎えているのです。

Cookie廃止が広告に与える影響はWeb技術に詳しくないマーケターにとってどのような問題が発生するのかわからず、具体的な対策を施すことができないのです。そこで今回は、Cookie廃止が広告に与える影響やその対策について解説します。

なぜCookieが廃止されるのか

Cookieが廃止される理由は世界的なプライバシー保護の推進が挙げられます。すでに、AppleがFirefoxやSafariブラウザを使用したThird Party CookieをブロックするITP(トラッキング防止機能)を搭載し、有効期限を1日にするなどして個人情報を優先保護しているのです

Cookieとは、一体何か?

Cookieはサイトにアクセスした際にサーバーがドメインに紐付けて保存するユーザー情報のことです。訪問日時や訪問回数を記録し、ユーザーの訪問を追跡できる仕組みです。GoogleではGoogle Chromeのブラウザ上にデータファイルを保存し、ユーザーの利便性向上に活用されています。そして、CookieにはFirst Party CookieとThird Party Cookieの2種類があります。

First Party Cookie(1st Party Cookie)とは

First Party Cookieは訪問したサイトのドメインから発行されるCookieのことです。“First Party”は「当事者」を意味し、Web上では訪問したサイトのドメインが当事者です。そのドメインのサイトにいる間は有効ですが、別サイトに離れるとCookieは使えなくなる仕組みです。また、取得データが高精度で入力データや閲覧情報などをサイト内保存します。

Third Party Cookie(3rd Party Cookie)とは

Googleが2022年を目処に廃止するCookieとはこのThird Party Cookieです。Third Party CookieとはFirst Party Cookie以外のドメインから発行されるCookieを意味します。先に説明したようにFirst Party Cookieではサイトを閲覧するごとにそのドメインからCookieが発行されます。

しかし、Third Party Cookieではそれとは別にサイトごとに追跡できるCookieをドメインが発行するため、訪問データから最適な広告を配信することが可能です。例えば、バナー広告を掲載しているサイトを閲覧した際はユーザーの過去の訪問履歴から個人にあった広告を表示できるようにする仕組みとしてThird Party Cookieを使用しています。

>> 続きを「Grab」で読む

 

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]