【初心者でも大丈夫】SEOキーワードの選び方

今回の記事では、SEOキーワードを上手に選ぶ方法について解説いたします。記事コンテンツ初心者であっても、キーワード選定の基本を知ることで十分検索上位を目指すことができます。ぜひ最後までお読みください。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

キーワード選定の3つの基本!

記事コンテンツの目的は「事業やサービス、商品について問い合わせや注文数を伸ばす」「認知を広げる」「ファンを増やす」ため。そのためには、ユーザーがどんなキーワードで検索をしているかを予めチェックしておくことが大切です。ピックアップしたキーワードを中心に記事を書くのが良質な記事コンテンツを作るための最善策です。

次の3つを参考に、キーワードを選んでみましょう。

基本1:目的を明確化する

誰に何を伝えたいのかを明確にすることが、とても大切です。「ペルソナ」と呼ばれる、具体的な人物像を作り、生活スタイルや興味・関心を深掘りすることで、顧客ニーズの仮説をしっかりと組み立てることができます。

ペルソナを「将来的に住宅の購入を検討しており情報は集めているが、今は貯金がほとんど無い30代の男性」にするのか「古くなった家をすぐにでも建て替えたい、資金を充分持っている50代男性」とするのでは、求める内容が大きく異なってきます。より明確にターゲットを絞り、読み手をイメージした記事を書くことで具体的な記事、役立つ記事として検索されやすくなります。

基本2: SEOを意識したキーワード選定

誰に何を伝えたいのか、目的やペルソナが決まったら検索されやすいSEO対策キーワードを調べましょう。
実際に検索して、どんなページが上位表示されているのかを知ることがポイントです。

例えば50代で建て替えを検討している人をペルソナに設定した場合は、「50代」「建て替え」というキーワードを一度Googleで検索してみましょう。その際、上位に表示されている記事の内容と合わせて、他にどんなキーワードで検索した人がいるのかを知ることが重要です。検索の一番下に「他のキーワード」として「貯金なし」「ローン」「後悔」が表示されますので、それらを網羅したコンテンツにすると、より検索されやすくなりおすすめです。

基本3:上位の競合ページを参考に構成案を作成

選んだSEOキーワードで表示される上位10記事程度のタイトルや説明文に目を通し、内容を把握することも必要です。どんな内容を書けば、上位表示されるのかを把握できるからです。

 

>> 「Grab」で続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]