今からできる企業の「note」活用

今回は、今からできる企業の「note」活用をテーマに、noteについてまとめていきたいと思います。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

数年前から話題になっている「note」をご存知でしょうか?

実際に利用されている方はどういうものか理解されていると思いますが、自分で使っていないと「ブログと何が違うの?」「何ができるの?」などの疑問があると思います。

noteは個人クリエイターやブロガーが中心となって利用していましたが、ここ最近はビジネス活用事例も増えてきました。

そこで今回は、今からできる企業の「note」活用をテーマに、noteについてまとめていきたいと思います。

noteとは?

noteを一言で表すのは簡単ではありません。ブログやオウンドメディア的な側面と、SNSプラットフォームとしての側面を持つからです。その点を含めて一言で表すとすれば「ブログコンテンツ型SNS」だといえます。

そんなnoteですが、数年前から話題になっていたものの、ここ1年ほどで急激に利用者が増加しました。

noteの月間アクティブユーザー数

画像:https://note.jp/n/n705929417079

2019年9月に月間アクティブユーザー数2000万人を超えてから1年も経たないうちに3倍以上の6300万人にまで増えました。

なぜこれほど急激に成長したのでしょうか?

様々な理由がありますが、コロナ禍で医療従事者やスポーツ選手などがTwitterなどの短文SNSでは発信しきれない情報を積極的に発信していたことが挙げられます。

また企業のビジネス活用も進んでおり、note proというビジネス向けのプランの契約数も半年で急増したと発表しています。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]