ユーザーが広告の品質を審査する「TikTok広告評価スペシャリスト」とは?

TikTok でユーザーが広告を評価する「TikTok 広告評価スペシャリスト」について仕組みや使い方を日々 TikTok へ動画を投稿している筆者が解説します。最近の Web 広告は、媒体による審査や広告掲載基準等の見直し、広告主の自浄努力が求められるようになってきています。今後より一層ユーザー視点が重要となっているので、TikTok アカウントをお持ちの方はぜひ参加してみてください。

2021年1月25日から Yahoo!広告で「ユーザーからの意見に基づく広告掲載停止の運用」が始まりました。これは広告の品質を高めるために、自社の審査だけでなく、ユーザーからの意見も参考にして広告の妥当性を測るものです。

最近の広告、特にWeb 広告では、媒体による審査や広告掲載基準等の見直しはもちろん、広告主の自浄努力が求められるようになってきています。

更には広告の質を上げるために、媒体やプラットフォーム側が、サービスを利用するユーザーからも意見を募り、改善に取り組んでいるケースも増えてきました。

こうした動きは「クリーンな広告」や「ユーザー視点の広告」を作り上げる上で重要であり、今後増えてくるでしょう。

Yahoo! 広告以外にも、こうした取り組みは進んでおり、若い世代に人気のアプリ TikTok でもユーザーが広告を評価する仕組み「TikTok 広告評価スペシャリスト」がリリースされました。この記事では、その仕組みや使い方などを日々 TikTok へ動画を投稿している筆者が解説いたします。

TikTok 広告でユーザーが広告を評価する仕組みが登場

通常 TikTok のタイムラインでは、フォローしているユーザーを見る「フォロー」と自分が視聴した動画へ対するアクション(いいね、コメント、シェア、ダウンロード)などによって表示が変わる「おすすめ」が流れてきます。

通常の TikTok タイムライン

今回紹介する「TikTok 広告評価スペシャリスト」は、通常のタイムラインとは別で設けられていて、タイムライン上に流れるインフィード広告を評価するものです。

起動画面で出てくる「Topview 広告」や、指定のハッシュタグをつけて投稿を促す「ハッシュタグチャレンジ広告」は評価の対象になっていません。

TikTok 広告評価スペシャリストでは、広告だけが流れるフィードがあり、広告がユーザーに対して適切かをYes」or「No」or「評価しないでスクロール」の3つで評価します。この機能はアカウントを持っていれば誰でも使うことができます。

TikTok 広告評価スペシャリストのフィード

広告評価で流れてくる広告は、現在配信されている広告も含んでいます。ジャンルはさまざまで特に制限はありません。TikTok 広告の特性からか、アプリのインストールを促す広告が多い印象です。もちろんそれ以外にも食料品の通販、メガネやイヤホンなどの日用品も広告として流れています。

TikTok 広告評価スペシャリストの使い方

ここからは実際に TikTok 広告評価スペシャリストの使い方を紹介します。TikTok のアカウントを持っていない方は作成し、おこなってみてください。

記事の続きはこちら

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]