Facebookインスタントエクスペリエンスとは?テンプレートや作成方法、独自の広告指標も解説

Facebook 広告の“インスタントエクスペリエンス”について解説しました。2018年9月より“キャンバス広告”から名称変更されたという広告フォーマットです。 Facebook や Instagram のスマートフォンアプリ上で広告をクリックすると、フルスクリーンで表示され、サイト遷移前に多くの情報をユーザーに伝えることができます。新しい広告クリエイティブを試す際にはぜひ使用してみて下さい!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Facebook 広告にはさまざまな広告のフォーマットがありますが、インスタントエクスペリエンスという広告フォーマットをご存知でしょうか。

かつては「キャンバス広告」という名称で、2018年9月より「インスタントエクスペリエンス」に名称が変更されました。

筆者が普段 Facebook や Instagram を使用していても、このインスタントエクスペリエンスを見ることがなかなかないので、よく知られていない広告フォーマットなのではないかと思います。

今回はそんなインスタントエクスペリエンスについてご紹介します。

インスタントエクスペリエンスとは

インスタントエクスペリエンスは、 Facebook や Instagram のスマートフォンアプリ上で広告をクリックすると、フルスクリーンで表示される広告フォーマットのことです。

通常、広告をクリックするとそのままサイトに遷移しますが、インスタントエクスペリエンスはサイトに遷移する前に、アプリ内に画像や動画を配置したページが表示されます。

たとえば下の画像は、広告をクリックした後、サイトに遷移する前にアプリ内で商品一覧を表示させるインスタントエクスペリエンスです。

インスタントエクスペリエンスを使用していない広告に比べて、サイト遷移前に多くの情報をユーザーに伝えることができます。

使用できる広告

インスタントエクスペリエンスは、下記の形式の広告で使用することができます。

  • 画像
  • 動画
  • カルーセル
  • スライドショー

これらの形式は Facebook 広告において基本的な広告フォーマットなので、すでに配信をしたことがある方も多いはずです。

ユーザーにはまず、上記の形式の広告が表示され、その広告をユーザーがクリックすると、インスタントエクスペリエンスが展開される仕組みになっています。

インスタントエクスペリエンスの特徴

インスタントエクスペリエンスは、画像や動画、テキストなどが組み合わさって表示されるので、他の広告では表現できない形式の広告を配信することができます。

そのインスタントエクスペリエンスの作成もテンプレートが用意されているので、そのテンプレートにしたがって設定をすれば簡単に作成ができます。

インスタントエクスペリエンスのテンプレート

インスタントエクスペリエンスは、次の6つのテンプレートが用意されています。ここではそれぞれのテンプレートの特徴を説明していきます。

記事の続きはこちら

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]