Firebase、AppsFlyer、adjust、主要アプリ計測ツールで計測できるイベント一覧と活用方法

アプリでの行動を計測できる主要ツールと計測できるイベント(インストールや課金など)一覧をまとめました
よろしければこちらもご覧ください
 

現代のアプリビジネスでは、アプリインストール時ではなくインストール後(アプリ内)に収益化するものが多くなってきており、具体的には大きく分けて下記2つの戦略が多く見られます。

1. ユーザー課金型

アプリを無料でインストールして、無料で楽しんでもらい、その過程でもっと楽しみたいなら費用を払う。

 

2. 広告メディア型

アプリをメディア化して広告枠を設け、広告を表示させてあげる代わりに広告主には費用を請求する。ユーザーはインストールからアプリ利用まですべて無料で楽しめる。

 

こういった戦略で売上をあげていくには、新規ユーザーからのインストールを獲得することよりも、インストール後にユーザーがアプリ内でどのような動きをしているか、きちんと売上に繋がるようなユーザーを確保できているのか、といったことを把握することが重要です。

もし意図通りのユーザーの動きがないのであれば、その穴をきちんと塞いであげる必要があります。つまり、インストールした後(アプリ内)でのユーザーの動きを徹底的に追い効果測定することが成功の鍵となります。

よくある失敗例

ユーザーの動きを分析する際、ユーザー単位では見ずに、イベント単位だけで見てしまわないようにしましょう。どうしてユーザー単位でも見ていかないといけないのか、アプリ内で課金するゲームアプリを例にご説明します。

 

 インストール数会員登録回数会員登録ユーザー数会員登録率
パターンA10,000回9,000回9,000人90%
パターンB10,000回9,000回5,000人50%

 

パターンAでは、インストールしたユーザーのうち90%が会員登録をしています。対して、パターンBでは、ユーザー単位での会員登録率は50%ですので低い傾向です。このパターンBでは、ゲームアプリなどでよくある「リセマラ」の可能性が高いです。

新規ユーザーの獲得にインターネット広告を利用している場合、インストール数や会員登録数しか見ていないと、広告上ではパフォーマンスが良いのに、実際の会員登録ユーザー数は伸び悩むというズレが起こります。その理由がこのデータにより、1ユーザーが複数回会員登録していると分かるわけです。

しかし、ユーザー単位で計測していないと、以下のようになります。

 

 インストール数会員登録回数会員登録ユーザー数会員登録率
パターンA10,000回9,000回不明不明
パターンB10,000回9,000回不明不明

 

実際のユーザー数が分からないので、リセマラによる問題なのか、計測不良なのか、それかまた別の要因なのか分からなくなってしまうのです。

この他にも、ユーザーの課金率を見たり、1ユーザーあたりの広告表示回数が多すぎないかチェックしたりなど、アプリ内のユーザーの動きを明確するためには必須のデータですので、アプリ計測ではイベント単位だけでなくユーザー単位でも見ましょう。

指標の定義違い

「インストール」を例にとってお話しますと、「App Store」や「Google Play」などのアプリストアを経由するインストールでは、ユーザーが後でアプリを起動するかどうかに関わらず、アプリをダウンロードしてインストールすると記録されます。

対して、アプリ計測ツール大手のひとつ「Apps Flyer」では、アプリの初回起動時にのみ新しいインストールが記録されます。

そのため、アプリストア経由の「インストール」と「初回起動」は別になりますが、Apps Flyerにおいては「インストール」と「初回起動」は同義となります。

このように、計測ツールや効果測定の環境によって指標の定義が変わるため注意が必要です。

乖離 – App StoreやGoogle Playと比較した、AppsFlyerのインストールカウント方法とは? – AppsFlyer Support

何が計測できるのか

ここでは一例として、とあるユーザーが「動画SNSアプリ」をインストールし、利用するまでの一連の流れで、どんなイベントが計測できるかをご紹介します。

 

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]