With/afterコロナに選ばれたSNS活用・活用|スモールマスの普及

今回はある企業が行った調査を基に、コロナウイルスによって大きく形が変わったマーケティングについて考察いたしました。With/afterコロナに選ばれたマーケティング手法である「SNS広告/活用」の全体像を「Grab」で分析していきましょう。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

コロナウイルスによって約98%の企業がマーケティング活動に影響を受けたことがこの調査によって判明しました。この結果は緊急事態宣言が解除される直前のものであるため、今の状況とは異なりますが、「これからマーケティング活動がどうなるのか」と最も議論されていた時期の調査結果がこちらです。

マーケティングは潜在顧客を見込み顧客へ転換するための施策のことで、そのため潜在的な消費者がどこに存在しているのか、何を考えているのかを理解することが出発点となりますが、コロナウイルスによってこの前提が大きく変化しています。

では、コロナウイルスの環境下において今後どのように変化していくのでしょうか。

「Grab」ではこれからどのようなマーケティング施策が求められ、どのように変化していくのかを解説しています。続きは「Grab」でチェックしてみてください。

 

>> With/afterコロナに選ばれたSNS活用・活用|スモールマスの普及

 

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]