グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第65回 サーチエンジンのロードバランシング・アルゴリズム(パート2)

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第65回 サーチエンジンのロードバランシング・アルゴリズム(パート2)」を公開しました。

###

はじめに
 前回に引き続き、2019年に公開された論文「Cache-aware load balancing of data center applications」を元にして、サーチエンジンのロードバランシングに関するアルゴリズムを紹介します。今回は、検索文に含まれる単語から、処理を割り当てるサーバーを選択する「TARS」と呼ばれるアルゴリズム、そして、TARSによる振り分けの結果、システム全体のキャッシュのヒット率が最大になるように、サーバー群をグループ分けする方法を説明します。
TARSのアルゴリズム

 まず、ロードバランシングの前提となる考え方として、前回の図1を再確認しておいてください。いま、サーバーA、B、C・・・は、それぞれに優先して担当する単語のグループが決まっているとします。そして、サーバーAがある単語tについてのPL(検索結果の候補となるWebサイトのID番号の集合)を取得する際に、データベースから読み込む必要があるデータ量(正確に言うと、メモリページ数)をw(A,t)とします。これは、該当データがキャッシュにあれば0で、キャッシュになければ、単語tに対するPLのメモリページ数に一致します。サーバーB、C・・・についても同様に、w(B,t)、w(C,t)・・・とします。ここでは、これらの値を「ウェイト」と呼びます。ウェイトの値をどう見積もるかは別にして、ここでは、まずは、これらの値は分かっているものとします。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai265.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

メタデータ
「データのデータ」。あるデータや情報の属性や特徴を表す付随的な情報を指す。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]