Googleが大事にしているWebデザインとは何かを考察してみる

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「Googleが大事にしているWebデザインとは何かを考察してみる」を公開しました。

###

吉政創成 佐々木晶子氏のコラムが鈴与シンワートで公開されました。興味がある方はご覧ください。
#
Webマーケティングの仕事をしているとWebサイトのリニューアルやデザインなどについての会議に参加することも多いです。デザインの良し悪しの判断をする基準については主観的な場合が多いですよね。結局は見た目の印象に左右されることも多いです。私は様々な会社のWebリニューアルに携わってきたので、こだわったデザインとその結果を知っています。その経験に基づいて感じたことを書いてみます。経験による内容ではありますが、おそらく当たっているかと思います。
◆Googleは何を見ているか
もしかしたら将来的にはデザインの配置なども含め、Googleが良いかどうかを判断するかもしれませんが、今現在では、GoogleAnalyticsの指標を中心に判断している可能性が高いと考えています。具体的には閲覧者の検索キーワードとそのコンテンツにあるキーワードが一致すること、また、そのページの滞在時間が最適かどうかでかなりのことが見えると思います。例えば、検索キーワードと一致しないコンテンツの内容の場合は、滞在時間が大幅に減少すると考えます。シンプルなことですが、当たりですよね。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3264

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

メタデータ
「データのデータ」。あるデータや情報の属性や特徴を表す付随的な情報を指す。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]