全方位的な高速化対応をしなければ、TEST MY SITE、PageSpeed Insightsで評価されない時代へ

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「全方位的な高速化対応をしなければ、TEST MY SITE、PageSpeed Insightsで評価されない時代へ」を公開しました。

###

吉政忠志顧問のKUSANAGIコラム「 全方位的な高速化対応をしなければ、TEST MY SITE、PageSpeed Insightsで評価されない時代へ 」が鈴与シンワートで公開されました。
#
GoogleがWebサイトに対して求める要件は年々厳しくなってきています。例えば、以前、TEST MY SITE、PageSpeed Insightsのスコアで高得点を取っていたサイトも2,3年も放置すれば、スコアが落ちていくなどと言うこともよく聞く話です。
一説によると、TEST MY SITE、PageSpeed Insightsのスコアは絶対評価ではなく、相対評価ではないかという意見も出ています。常に上位の高速さを維持しておかなければ高いスコアをとれないような雰囲気すらあります。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3262

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

LTV
LTVとは、顧客が企業やブランドと継続的に取引を行うことで、顧客が企業にもたらす ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]