危険!?Webサイトの老朽化放置問題。その時あなたはどうしますか?

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「危険!?Webサイトの老朽化放置問題。その時あなたはどうしますか?」を公開しました。

###

危険!?Webサイトの老朽化放置問題。その時あなたはどうしますか? 事例取材担当 菱沼です。
今回は、Webサイトの老朽化と、老朽化に伴うリニューアルで考えておきたいことをテーマにしていきたいと思います。 
■老朽化したWebサイトはいろいろ起きる。
老朽化と一口に言っても、具体的にどういった現象が起こるのかと言えば次のようなことだと思います。 ・データ量の増加などによる表示速度の低下
・インフラ・ミドルウェア・CMSなどのセキュリティリスクの発生
・Webデザインの流行
・Webを取り巻くITテクノロジーの変化による問題(検索エンジンの高性能化によるSEO施策の変化やスマートデバイス等の新しい環境等) 表示速度やセキュリティリスク、SEOについては運用でカバーすることも可能ですが、チューニングの手間はかかりますし、セキュリティバージョンアップの対応が難しいケースがあるのは以前ご紹介しました。 また、コーポレートサイトのようなものであれば、Webデザインにさほどの大きな影響はないと思いますが、流行もあれば、閲覧環境の変化に合わせる必要が出てくることがあります。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_2830

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AOSSL
「Always on SSL(常時SSL)」の略。 基本的にサイトは非HT ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]