【無料セミナー】広告クリエイティブと映画プロデューサーが語る「映画と広告の理想形」

日本が世界に誇る映画プロデューサーと、日本を代表する広告のクリエイティブが考える「映画と広告の理想形」とは?
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

BRANDED SHORTS 2018 秋の特別セミナーとして、電通エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターの高崎卓馬氏と、映画『告白』、『八日目の蝉』、『許されざる者』などで、これまで数多くの日本アカデミー賞を受賞している映画プロデューサー石田雄治氏が登場。 「映画と広告の理想形」と題し映画、広告双方の現在・未来と、映画×広告の化学反応がひきおこす可能性を探ります。日本を代表する広告のクリエイティブ・ディレクターと、日本が世界に誇る映画プロデューサーが考える、映画と広告のハイブリッドなカタチとは何かを議論していただきます。

 

BRANDED SHORTS 2018 秋の特別セミナー

【日時】2018年10月5日(金)14:00 – 16:00 (受付:13:40)
【会場】東京都写真美術館(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)

※アクセスはこちらから

【参加費】無料
【講師】
高崎卓馬((株)電通 エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/CMプランナー)
広告を中心に様々な領域で活動している。主な仕事に、JR東日本 「行くぜ、東北」、SUNTORY「ムッシュはつらいよ」「オランジーナ先生」、日本郵政 「私は郵便局が大好きだ」、TOYOTA「WHAT WOWS YOU イチローが嫌いだ」、三井不動産レジデンシャル「タイムスリップ!堀部安兵衛」、映画「ホノカアボーイ」、ドラマ「戦う女」などがある。
2010年、2013年、クリエーターオブザイヤー賞など国内外の受賞多数。著書に小説「はるかかけら」(中央公論新社)、「表現の技術」(朝日新聞出版)など。雑誌Hanakoでの「勝手にリメイク!」などの連載多数。
石田雄治(プロデューサー)
大学卒業後ソニー・ミュージックエンタテインメント、ギャガ、ポニーキャニオンで音楽の制作・宣伝や洋画の買付け・配給、ドラマの映像製作に携わる。2002年にアミューズ入社後本格的に映画製作を始め、2010年日活入社。映画以外にテレビドラマ、ミュージックビデオも製作。主なプロデュース作品に「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」「脳男」「許されざる者」「ヒメアノ〜ル」「散歩する侵略者」(以上映画)「スカイハイ」「マジすか学園」「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」(以上テレビドラマ)など。他にはCHAGE&ASKA、AKB48、前田敦子など数多くのミュージックビデオも手掛ける。2011年から2年連続で「告白」と「八日目の蝉」で日本アカデミー最優秀作品賞を受賞。「告白」ではエランドール賞も受賞。今年の7月よりCRG Studioに所属。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

nofollow
HTMLのrel属性に指定する値の1つ。主にリンク(a要素)に指定することで、「 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]