MAのデータを使い重回帰分析してコンバージョンを上げる方法

MAのデータを使い重回帰分析してコンバージョンを上げる方法
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

重要なデータを導き出すことは難しい

日々、自社製品サービスのマーケティングをしていて、こんなことを思ったことがあるのではないでしょうか。

『いったい何がコンバージョンさせるために重要な要素なんだろう?』

どんなにデータを豊富に使える環境が整ったとしても、そのデータの中から重要なデータを抜き出すのは人間の仕事です(いまのところ)。そのために、ABテストを地道に繰り返したり、限られたデータから顧客行動を類推することでコンバージョンに重要であろう要素をマーケターの感覚で決めてきた人が多いのではないでしょうか。

しかし、それでは結局はマーケティング成果が属人的になってしまいますし、顧客が変化すると何が変化したのかが分からないためにマーケティング成果が低下してしまうこともあります。そのため、データのどれが重要で重要ではないのかを把握することが求められているわけです。データで見ることが出来るようになれば何が変化したからどうすれば良いのかが誰でも効果的な施策を取れるようになるからです。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ユーザーエージェント
ブラウザがWebサーバーにデータを取りに行く際にサーバーに対して自動的に通知して ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]