オフィスグリコの成功要因は、マーケティング担当者として参考になる。

オフィスグリコの成功要因は、マーケティング担当者として参考になる。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

オフィスグリコを導入している企業数は11万を超え、ボックス数も13万以上になっている。(2016年時点)売上高は53億円にも達している。マーケティング担当者であれば、なぜこのような発想が出来たのか?ということが気になるのではないだろうか?

アンゾフの成長マトリクスで言えば、既存市場に既存製品を売っていく戦略である。多くの企業が新市場を開拓したり、新製品を導入することで売上を伸ばしている中で、オフィスグリコの戦略は注目に値する。

また、多くのマーケティング担当者にとって新市場の開拓や新製品の開発は非常にハードルが高い。実現するためには社内のいくつもの困難を乗り越えなければならない一方で、既存市場に既存製品を売ることはマーケティング担当者であっても比較的容易に出来る。そのため、まずは既存市場に既存製品を売っていこうと考える人が多い。しかし、それは多くの人が挑戦して失敗してきた道を進むことであり、最も難しい選択になる可能性が高い道でもある。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]